無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

130
2019/01/24

第23話

2 1.


あなた side


私は、サランがいなくなってから、


ジミン君と隣にいる方法を考えた、




そこで、

ジミンが目指しているという大学を

とりあえず目指して、頑張った、




いままで、サランとずっと遊んでて、

進学なんて考えてなかったから、私にとっては、

とても大変だった、




でも、

サランの最後の願いを叶えてあげたい

一心で、頑張った、





そして、


なんとかその大学へ無事合格出来て、


ジミンと同じ大学に通うことになった、






そして、

休み時間、どうやって話しかけようか、って

歩きながら考え事してたら、




ドンッ




いきなり、誰かとぶつかった。



『あっ、ごめんなさい、』



そう謝り、上をむくと、



そこには、ジミン君がいた、






_______________________

作者デス。
作者デス。
次回は、また手紙に戻ります!!

まー、一応、
これも手紙の内容ですけどwww



はい、長すぎますね、笑笑


まー、次回もお楽しみに!!

でわわ、안녕~!!