無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

187
2018/12/31

第7話




僕は、録音メッセージを聞くことにした、





ピ-、、、



あっ、ジミン君??

えっと、さっきね、ジミン君の家に行って、

玄関に袋かけてるから、帰ったら見てね、


あっ、あと今日時間あるなら、

うちに来てくれる?

今日は、いろいろ準備して待ってるね、

あとはッ、、、





((彼女はもう泣きそうな声だった、




ブゥ--ン🚚


えっ、



その後、ドシャ-ンと、大きな音が聞こえたのと共に

メッセージが終わった、、、







君は、僕のせいで死んじゃったの?


ねえ、なんで、僕はあの時君を引き留めなかったんだろう、、、


君に伝えたい気持ちだって、たくさんあるのに、、、





ねえ、あなた、この気持ちは、どこへ伝えればいいんだろう、、、




僕の胸の中は、ギュッって、苦しくなってて、

後悔は募るばかりなんだ、、、




_______________________
作者デス。
作者デス。

次回もお楽しみに!!

でわわ、안녕~!!