無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

134
2019/01/20

第21話

1 9.


あなた side



サランの病気は、


ジミンと別れてから、どんどん悪くなっていった、、、





私は毎日病院に行った、




いつもサランは、私の前では、笑顔でいるんだけど、




私がお見舞いに行った時、1人泣いていたのを見てしまった、、、




彼女は、




『ジミン、ごめんね、、、』




と、呟いた、、、






私は、ゆっくり近ずいて、


そっと横に寄り添った、、、




『あっ、ごめん、、、

あなた来てたの??きにしないで』



サランは、涙を拭い、いつもの笑顔を作った、、、



「サラン、無理しないで、

なんでも言ってよ。

そうやって、サランが1人苦しんでる姿見ると

こっちまで、辛くなってくる、、、」



『ほんとごめん、、、








あなた、最後にひとつだけわがまま言っていい??』









私は、頷いた、、、






_______________________
作者デス。
作者デス。
次は、

サランちゃんのお願いです、




また次回!!

でわわ、안녕~!!