無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

205
2018/12/19

第3話



僕は、あの日、

君との約束をした日、、、

あの日、初雪が降ったんだった、、、









僕は、ずっと家の中で、


過ごしていた、、、








君との約束の時間は、11:00









12時頃になると

君から数件の着信があった、、、




📱プルルルル、、、プルルルル、、、

Jimin
Jimin
チッ、、、うるさ


僕は電話に

出ることもなかった。




あの時、

彼女はどんな気持ちだったんだろうか??







そして、1時を過ぎた頃だった、、、



トントン、、、



you
you
ジミン裙ッ、、、??


僕は、居留守することにした。





すると、彼女は、

you
you
ジミン裙ッ、

ここ置いとくから、、、


と、言い残して帰ってしまった、、、

彼女は、僕がいた事に

気づいていたのかな、、、

_______________________
作者デス。
作者デス。
みなさん、

♡と☆ありがとうございます(*´︶`*)❤︎





これからも頑張りますので、よろしくお願いします!!



でわわ、안녕~!!