無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2019/01/01

第9話

その後、警察の方から話を聞いた、






君が、横断歩道で携帯を操作していたところに偶然

トラックが突っ込んで来たらしい、、、


携帯に集中してしていて、周りへの注意が足りなかったんだろう、と言われた、







君はもう、帰らぬ人になったんだ、、、












救急車で運ばれる時、

君の頬には、涙の跡が残っていたらしい、、、















そして、君の手には

ホールケーキと小さな花束があった、、、





潰れたケーキには、





































『 ジミン、お誕生日おめでとう!! 』って、









そっか、今日は僕の誕生日だったね、、、




ほんとに、僕は、、、

何をやっていたんだろう、、、








涙が溢れ出て、その場に崩れ落ちた、、、



_______________________
作者デス。
作者デス。
やっぱ、あなたちゃん、泣いてたんですね、、、 


なんか、悲し、、、



うん、まー、
次回もお楽しみに!!

でわわ、안녕~!!