無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

191
2018/12/24

第4話



彼女が、去っていったのを確認して、


ドアを開けると、、、






ドアノブに茶色い紙袋がかかっていた、、、



Jimin
Jimin
チッ、こんなのおいてって

なんなんだよ、、、


僕は、そう言って、

中身を見ることも無く、

紙袋をテーブルの上に置いた、、、












その、3時間後位だったろうか、、、






いきなり僕の携帯に電話がかかってきた、、、



📱プルルルル、、、プルルルル、、、


Jimin
Jimin
ッ、、、あーも、

なんなんだよ、、、めんどくせぇんだけど、


そう言って、液晶画面を見ると、、、

















"病院"からの電話だった、、、

_______________________
作者デス。
作者デス。
病院から!?
何があったのでしょう?



また次回!!

でわわ