無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

久しぶりの3人
ピーンポーーン
あなた
あなた
はーい
涼太
涼太
やっほ!
あなた
あなた
涼太!亜嵐!
亜嵐
亜嵐
(待って、あなたの私服 可愛すぎかよ)
亜嵐の心

俺は1年生の頃、あなたに一目惚れをした

そして、俺に声をかけてくれる

明るくて元気で友達思いで・・・

俺は1年生の時から片思い中だ
涼太
涼太
さぁて どこ行こっか
あなた
あなた
動物園行きたい!
亜嵐
亜嵐
俺、動物苦手・・・
涼太
涼太
動物園って(笑)
あなたは子供だな
あなた
あなた
いいでしょーー!?
涼太
涼太
じゃあ動物園行くか!
あなた
あなた
やったー!
涼太の心

俺は1年生の時

あなたが1人で泣きながら帰っていくところを見た

「おじいちゃん死んじゃったよー。」と俺に抱きついてきた

その日は2人で動物園に行った

すると、元気に戻ってくれて嬉しかった

俺はその日から、あなたを1人で泣かせないと決めた

俺は、あなたのことが好きだ
あなた
あなた
2人とも どうしたの?
涼太
涼太
あ、ごめんごめん!行こ!
あなた
あなた
うん!!!
動物園へーーーー。
あなた
あなた
うわーーー  すごーい!
あなた
あなた
わーーーーー
あなた
あなた
ひゃーーーーー
亜嵐
亜嵐
うるせーぞ
涼太
涼太
楽しそうだな
あなた
あなた
だってだって!
可愛いんだもーん
亜嵐
亜嵐
お前がな
あなた
あなた
え?・・・
亜嵐
亜嵐
あ、なんでもない
涼太
涼太
・・・
亜嵐
亜嵐
(心の中の声 出ちゃった。)
あなた
あなた
ちょっと私、トイレ行ってくる!
今は 亜嵐と涼太 2人っきり
涼太
涼太
なぁ
亜嵐
亜嵐
ん?
涼太
涼太
亜嵐って
あなたのこと好きなの?
亜嵐
亜嵐
うん 1年生の時からな
涼太
涼太
やっぱりそーだったんだ
涼太
涼太
実は俺も・・・
あなた
あなた
お待たせ~
あなた
あなた
あれ?2人とも顔が暗いよ?
涼太
涼太
あ、大丈夫だよ!
行こっか
そして、動物園を満喫し、帰り道・・・
亜嵐
亜嵐
じゃあ、俺こっち
あなた
あなた
じゃあね!
涼太
涼太
明日な
亜嵐
亜嵐
おう
そして、あなたと涼太 2人っきりになった
涼太
涼太
あなたってさ
好きな人いるの?
あなた
あなた
え!!??
あなた
あなた
いやーーー、いないよ?
涼太
涼太
ほんとー?
あなた
あなた
うん!
涼太
涼太
そっか
あなた
あなた
なんで?
涼太
涼太
他の男子がさ、あなたのこと可愛いって言ってたから
涼太
涼太
変な男と結ばれて欲しくなくてさ
あなた
あなた
大丈夫だよ!
てか、可愛いとか
みんな目どーかしてるわ(笑)
涼太
涼太
あなたは可愛いよ!?
あなた
あなた
え。
あなた
あなた
てか、みゆちゃんも可愛くない?
涼太
涼太
え、あー  まーな
涼太
涼太
でも、俺の好きな人とは比べもんにならない
あなた
あなた
え、涼太  好きな人いるの??
涼太
涼太
いるよ
あなた
あなた
だれだれ?
涼太
涼太
さぁーね
涼太は歩き出した
あなた
あなた
(誰だろう・・・気になるな)
こうして夕焼けの中2人は帰っていった