無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

悪魔たち


始業式から約1週間が経った
あなた
あなた
涼太と亜嵐 おはよー!
涼太
涼太
おはよ
亜嵐
亜嵐
おはよ
あなた
あなた
今日宿題あったっけー?
涼太
涼太
あるよ!
あなた
あなた
え?まじー やってないー
涼太
涼太
ほい
涼太は宿題を見せてくれた
あなた
あなた
ありがとー
みゆ
みゆ
ほんと 腹立つー
みゆ
みゆ
みんなでいじめてやらない?
クラスの女子達
クラスの女子達
え、、それはダメ・・・
みゆ
みゆ
いいから!あの2人にさっさと嫌われちゃえばいいのよ
みゆ
みゆ
協力してくれないと どーなるかわかってるよね?
クラスの女子達
クラスの女子達
・・・・・・
放課後
あなた
あなた
あれ?あれ?
亜嵐
亜嵐
どーした
あなた
あなた
筆箱がない
涼太
涼太
最後どこで見た?
あなた
あなた
机の上に置いといたのに...
ザワザワッッ

廊下の方で聞こえる
亜嵐
亜嵐
チッ
あなた
あなた
亜嵐?
亜嵐
亜嵐
おい!お前ら!
みゆ
みゆ
亜嵐く・・・
亜嵐
亜嵐
お前らが隠したんだろ
みゆ
みゆ
そんなわけないでしょー
ね~ みんな
クラスの女子達
クラスの女子達
・・・・・・
みゆ
みゆ
クッ
みゆ
みゆ
うちらは見つけたの!
あなたちゃんの筆箱!
亜嵐
亜嵐
本当か?
クラスの女子達
クラスの女子達
うん・・・
亜嵐
亜嵐
なら いいけど…
(絶対あいつらだろ)
みゆ
みゆ
ってことで  じゃあねー!
女子達は帰っていった
涼太
涼太
良かったね  見つかって
あなた
あなた
うん・・・
亜嵐
亜嵐
大丈夫 気にすんな
亜嵐
亜嵐
何があっても俺達があなたを守るから
涼太
涼太
そうだよ
俺達はあなたの味方だよ?
あなた
あなた
亜嵐...涼太... ありがとう(泣)
涼太
涼太
泣くなって
そう言って、2人はあなたを励ましてくれた