無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

I'm sad...


結局.。ダメだったのかな。無理なのかな。




叉萠の事が全然分からないよ...





さっきのあの辛そうな…
悲しそうな顔まで演技なの??


辛い.。まだ、叉萠が目の前に居るのに、顔なんて見られるわけない、見たくないのかもしれない。







叉萠
叉萠
あなた...





そんな声で、私の名前を呼ばないで。



叉萠
叉萠
さっきは言い過ぎたよ。。。



またそうやって、すがるの??




叉萠
叉萠
俺にはお前しか居ないんだよ。。



愛溜ちゃんが居るじゃないの.。






椏牡羊
椏牡羊
私は、、、







────────────貴方を許すことはない。





でも、やっぱり







椏牡羊
椏牡羊
まだ叉萠が好きだよ...







今までだって...叉萠が好きで好きで.。堪らなかった。  出会ったとき.。初めて話した会話。 

全部今さっき起こったことのようのに覚えている。







さっきだって、、痛くなるくらい抱き締められて...苦しみや怒りの前に、何故か嬉しさと、胸がときめいている自分がいて...



もうすでに、






私は、叉萠の手の中に居て.。



支配されているんだって思った。







叉萠
叉萠
あなた...
椏牡羊
椏牡羊
??
叉萠
叉萠
俺と、別れる??
椏牡羊
椏牡羊
ッ....
叉萠
叉萠
愛してるよ.。
叉萠
叉萠
ねぇ.。俺じゃ、ダメですか??
椏牡羊
椏牡羊
…ッ.!!
叉萠
叉萠
あなた...あなたあなたッ.
好きだよ.。 何回だって言うよ??
愛してるよ.。誰より
...否、比べなくていいよね。
一番.。お前がすきで
お前しか見えてない。見えない。
椏牡羊
椏牡羊
…叉萠.。
叉萠
叉萠
愛溜が、気になるなら...
叉萠
叉萠
俺、殺してきてもいいよ??❤








1歩ずつ、私への愛を語り続けながら近づいてきて...最終的に、耳元でそんなことをいった君は...







どうして、








そんなに笑顔で、私を見つめているの??





何にも、言葉がでない。声がでない。苦しい。











叉萠に...出会ったあの日が


やっぱり私の人生を狂わせたんだ。












I know you love me...💕