無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

honey trap.2
愛溜((メル.
ん..


彼女の口を押さえていた、叉萠の手がそっと離れた。







その指の間から、愛瑠の口紅の跡が見えた。









叉萠は、その自分の指をそっと見つめた。
叉萠
叉萠
汚ぇ..




私には、微かな唇の動きしか分からなくて、叉萠が何て言っているのかまで、聞き取ることが出来なかった..











愛溜((メル.
ねぇ、さ..
叉萠
叉萠
汚いな..
もう、名前で呼ぶなよ..
愛溜((メル.
なんで..そ、んなこと
叉萠
叉萠
お前の事好きになったことなんて無い
叉萠
叉萠
それに..俺には大切な彼女が..
愛溜((メル.
そんなの関係ないわッ
叉萠
叉萠
っ..?!







目の前で、彼女の唇が叉萠の唇に触れてる..









こんな..
















ギ ュ ゥ ゥ ゥ . . .


























こんなに、心が痛んだことがあるだろうか.











  


胸が締め付けられる音がハッキリと聞こえた。






















叉萠
叉萠
離せッ!!!
愛溜((メル.
へへ..やっぱり変わってないよ..
愛溜((メル.
私にキスされると抵抗出来ないところ













彼女の目は、すさんだ狂気そのものに見えた。









































I want kill you...