無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

honey trap.1

 
 その声の先には..




















叉萠
叉萠
愛溜..
椏牡羊
椏牡羊
め..る??(誰だろ..)








める、という名前らしい女の子が立っていた.








なんだろ..







胸騒ぎがする... 嫌な予感がした。














愛溜((メル.
ねぇ..
愛溜((メル.
叉萠クン..そのだぁれッ??
椏牡羊
椏牡羊
っ..
愛溜((メル.
めるゎね、ずっと待ってたんだよぉ..
叉萠クンが 帰ってくるの.











私の事を言っておきながら、眼中になんか無いとでもいうかの様に、私の横を通り過ぎた。



そして、




叉萠に抱きついた。



愛溜かのじょが。








叉萠
叉萠
おい..愛溜
叉萠
叉萠
いい加減にしろよ..
愛溜((メル.
やだぁッ.
叉萠
叉萠
気持ち悪い..手、離せよ.
愛溜((メル.
ねぇ..なんで??
めるにそんな事言わなくていいぢゃん







叉萠..困ってる??








椏牡羊
椏牡羊
ッ.((
愛溜((メル.
なによぉ
椏牡羊
椏牡羊
離してッ.
椏牡羊
椏牡羊
叉萠はッ...私のだから!!!
愛溜((メル.
は..はぁぁ??
愛溜((メル.
あんた..付き合ってるの??
叉萠クンと??
椏牡羊
椏牡羊
そう、だよ..







愛溜は、赤いリップが塗られたその唇を更に尖らせた。





バッチリ化粧がされている頬の赤さは、怒りによる火照りなのか..チークの色味なのか..もはや  分からなかった。





どうでも、良かった。















愛溜((メル.
嘘よ..
叉萠
叉萠
嘘じゃない。
愛溜((メル.
は?
叉萠
叉萠
コイツ、俺のだから。







愛溜の手を振りほどくと、私に近づいてくる叉萠。
愛溜((メル.
..来なければ良かったぁ
愛溜((メル.
めるの..叉萠クンなのに.
椏牡羊
椏牡羊
へ?
愛溜((メル.
める..今は叉萠クンとは違う学校に行ってるんだけどね、小学生の頃は此方の方に住んでてぇ.. 当時は、叉萠クンとはご近所さんでね、






舌ったらずな声で、愛溜は話し続ける。
愛溜((メル.
ずっと小さい頃は叉萠クンと一緒だった。
愛溜((メル.
否..今だって
愛溜((メル.
会おうと思えば会える距離に居る.
愛溜((メル.
公立校に通ってれば..
叉萠クンとまたあのときみたいにシ..
叉萠
叉萠
やめろっ
叉萠
叉萠
もう..あれは事故じゃん.
俺は、もう思い出す気は無いんだよ
愛溜((メル.
酷い..
愛溜((メル.
愛してくれたじゃんッ.
めるの事、いっぱい..
愛溜((メル.
ヤることやった仲なのに..何でよ. 新しい女ホイホイ作っちゃってさぁ
叉萠
叉萠
愛溜っ!!!!
愛溜((メル.
んんんんっ!!!









私は、一体..何を見ているのだろうか。





ヤることやった..??





え、キスとか,その先まで..?   え..そんな






叉萠。ハジメテじゃないの??


あの女と..シたの?? は?




もう、考えるべきなのはそこじゃないって分かってても、気になる。




















愛溜((メル.
体だけの関係でも良いよ。

 







その先で私が、見たものは....





















This girl is risky...