無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

love you ...xoxo 2




花耶
花耶
ふぁあ…
椏牡羊
椏牡羊
あくびなんてしてどうしたの?
花耶
花耶
いやぁ寝不足よ。
椏牡羊
椏牡羊
珍しいね‼
花耶
花耶
んな..自分でもびーっくり!











眠そうにしている花耶を見ながら、


私は、軽食用に持ってきた

フルーツサンドを口に頬張る。






ほんのり甘いパン生地に包まれた、






ふわふわで滑らかなホイップクリームと、フルーツ缶の中身の様なシロップ漬けにされたフルーツ。














絶対昼食後らでは食べられない重さだ。







私も一応女子なんだけどな…







よく皆が言うような、

「甘いものは別バラ!!」


みたいなものが、私は苦手だったりする。笑











花耶
花耶
あれ、そいえばあなた、
椏牡羊
椏牡羊
ん??
花耶
花耶
猪斬くんとはどうなのよっ
椏牡羊
椏牡羊
どうもしてないよッ.








さっきまでの眠そうなオーラはとっくに消えていて、








まだフルーツサンドを食べきっていない私をニヤニヤと覗きこんでくる。
椏牡羊
椏牡羊

別に何もないってば~‼





少し頬が熱くなるのを感じた。






…別に無いわけじゃない。









昨日も好きって言われたし






ぎゅってしてくれたし…













智箆
智箆
何々~??
智箆
智箆
あーあなたの彼氏の話か!!
智箆
智箆
あのイケメンなぁ!!
智箆
智箆
ササメ君!!
椏牡羊
椏牡羊
声デカいって!!
花耶
花耶
本当バカ。
智箆
智箆
わりぃわりぃ











まさか智箆まで居たなんて…












突然現れて、人の彼氏の名前は叫ぶし…


思わず食べ終わったものを全て吐き出してしまいそうだった。
椏牡羊
椏牡羊
もー早くどっか行ってよ
智箆
智箆
やだっ
椏牡羊
椏牡羊
なーんでぇ
智箆
智箆
いーじゃあん
椏牡羊
椏牡羊
花耶と話したいんだけど??
智箆
智箆
ケチ
椏牡羊
椏牡羊
ケチで結構!
ほらーシッシ!((



ぶうたれている智箆の腕を掴んで、座っていた椅子から引っ張り上げる。





そのまま背中を押して、教室から追い出した。










…ちょっとやりすぎたかなぁ、とも思ったが、










私の 貴重な休み時間を 智箆ごとき に乱されて溜まりますかッ.
てことで


特に気にしないことにした。

































































そのあとは、花耶と話し続けた。







私が犯してしまった失態に気づくまでは…




















Who is looking you...?