無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4
2020/04/03

第3話

1ヶ月後
美月
美月
今日も来たよー!
美月はよくお墓参りに来てくれる。
美月
美月
今日も上司が定時で帰りたいからとか言って仕事任せてきてなんとか定時に帰れるように頑張ったんだよぉ。
僕
そっかー
美月は偉いねぇ。お仕事たくさん頑張ってる。たまには休みなよ。美月はすぐ無理するから。
美月にこの声は届いていなかった
美月
美月
蓮がいたら頭を撫でて貰えたのにな。
また撫でてもらいたいな。また褒めてもらいたい。
僕
美月。好きだよ。
僕は美月の頭を撫でた
美月に触ることはやっぱり出来なかった
美月
美月
じゃあもう帰るね
僕
今日も来てくれてありがとう。
まあお墓に来なくても会えるけどね。
美月がお墓に来てくれるのがとっても嬉しくて、美月と話せるのが幸せだった。
______________________________
作者
作者
本日2つ目です!
僕
頑張ってるねー
美月
美月
やっぱり蓮は優しいね!
天使
天使
あんまり甘やかすと作者調子に乗り出すよ!
甘やかさないようにしないと!
作者
作者
もしかしてもう出番がないことに怒ってる?
天使
天使
怒ってなんかないしー!
僕
もうそろ終わりにしようか。
作者
作者
じゃ、バイバイ!