無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
夏休み初日に勉強会となった
前原陽斗
おはよ〜
磯貝悠馬
ありがとうな!
家誘ってくれて
桃瀬あなた
全然へーき。
ちなみに何人かも誘ってる
とりあえず大きな机の周りにみんなが座る感じ
陽斗、悠馬、業に渚、カエデ、ひなた、メグが来る
席は
悠馬 あなた 陽斗 ひなた
メグ 渚 カエデ 業
となった。なんで男女交互なのかは…知らない
前原陽斗
あなた。これわかんねー
桃瀬あなた
それは…
みんなで教えあいをする
みんなが疲れてきたところで
おやつでも買いに行こうとなった
買い出しは私と陽斗と悠馬
とりあえず近所のコンビニに行く
前原陽斗
…あの人…
あのめっちゃデカい…
人には見えるには難しい…
磯貝悠馬
あぁ。多分せんせーだな
大量にスイーツとかをかっている
前原陽斗
まぁ俺らも適当におかしとか買お
磯貝悠馬
そだな。
食べ切れるのかってぐらい買うとちょうど外にせんせーがいた
殺せんせー
にゅやっ!?桃瀬さんに、磯貝くん…前原くんまで…
もしかして…三角関係…
磯貝悠馬
何言ってるんですか殺せんせー。
今勉強会してて
買い出しに来ただけですよ
殺せんせー
そうだったんですね
前原陽斗
そんじゃー
再び家に向かう
そしてみんなでおやつ食べたりして過ごした
赤羽業
あー。沖縄まであと少しだよ?
潮田渚
そうだね。
磯貝悠馬
あ、それなら訓練した方がいいよな?
片岡メグ
せっかくの計画だもんね!明日からは訓練にする?
岡野ひなた
それなら山で訓練しない?
茅野カエデ
いいね!賛成!
前原陽斗
そんじゃあみんな誘っとくわ。
朝からでいい?
片岡メグ
うん。いいと思うよ!
夏休みは遊ぶ暇などほぼなさそうです…


翌日
磯貝悠馬
あなた!
え、待っててくれた感じ…?
桃瀬あなた
あ、おはよ〜!
もしかして待ってくれてた…?
前原陽斗
まぁまぁ気にすんなって!近所なんだからさ
3人で学校に向かう
とりあえず私服で向かって向こうで着替えるらしい
まぁ戦闘服着たら変だもんね。
あんまり今日は人数居ないらしい
岡野ひなた
あ、おはよ〜!結局昨日と同じメンバーだって!
前原陽斗
そっか!まぁ着替え行こ
磯貝悠馬
そうだな!
茅野カエデ
あなた!いっしょにしよ!
桃瀬あなた
うん!
とりあえずナイフとかを当てようとする練習
茅野カエデ
あなためっちゃ上手いよね!
桃瀬あなた
そう?カエデのほうがうまいよ!
茅野カエデ
疲れた…
桃瀬あなた
あ、陽斗!差し入れ買ってきたじゃん!どこ置いたっけ?
前原陽斗
教室。俺の机にあるけど
桃瀬あなた
それじゃあ取ってくる!
前原陽斗
俺も行くわ
山から向かわないとダメだからかついてきてくれたらしい
前原陽斗
あなたはまだ浅野のこと好きなの?
桃瀬あなた
へ?どうしたの…?
前原陽斗
別に…気になっただけだし
桃瀬あなた
んー。好きか嫌いかなら好き。
だけど関わっていけない人だから…。
前原陽斗
そっか。
前原陽斗
そんじゃあE組なら誰がいい?
何この質問…!
桃瀬あなた
んー。どうだろうねぇ。
桃瀬あなた
陽斗と悠馬はよく話すけど…業は最近話してないしね…。
前原陽斗
そっか。あ、着いた!
桃瀬あなた
そうだね