無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

END2
陽斗の袖を引っ張る
前原陽斗
…あなた?
桃瀬あなた
陽斗…あのね、私…陽斗のことが好きなの…。
だからちゃんと伝えたくて
前原陽斗
そういうのちゃんと俺から言えばよかったな…
桃瀬あなた
…え?
陽斗が抱きしめてくる
前原陽斗
あなた。俺はあなたのこと好きだよ
桃瀬あなた
私も好きだよ
陽斗が私の頬にキスをする
桃瀬あなた
…!?
前原陽斗
反応可愛いな〜。
あとで、2人でゆっくりしよ?
陽斗は私の手を握ってくれる
バスに乗って
みんなが話に夢中になっている時に
前原陽斗
あなた!こっち向いて
桃瀬あなた
うん…っ!?
唇に柔らかい感触が…!?
前原陽斗
…ほんと可愛すぎるんだけど
桃瀬あなた
なんなの…!
前原陽斗
高校違うけど毎週会お…!少しだけでもいいからさ
桃瀬あなた
うん!そうだね
桃瀬あなた
これからも一緒にいてね
前原陽斗
当たり前。