無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

21
業と渚が宇宙に行ったりいろいろあった
1%未満だとか
みんな喜んでるけど…それだけでいいのかな…
そしてみんながお待ちかねバレンタインが始まる
一応お世話になってる人には渡すけど…
教室に着く頃には何人かは大量のチョコを持ってた
前原陽斗
あなた、本命誰にあげんの?
桃瀬あなた
んー?誰でしょ?
前原陽斗
ねぇ、チョコちょーだい
桃瀬あなた
数で競うような人に渡したくない
前原陽斗
あなたのチョコだから欲しいんだけど!
桃瀬あなた
はいはい
カバンから紙袋を出してその中に入れてるチョコを出す
桃瀬あなた
どーぞ
前原陽斗
え、みんなにあげんの?
桃瀬あなた
んー、悠馬と、学秀にはあげると思う。あと業とか
前原陽斗
…なんか残念
桃瀬あなた
どーせあの山の中に本命ぐらいあるっしょ?、
前原陽斗
…あなたのだから欲しいって言ったばっかじゃん
桃瀬あなた
ごめんって配るわ
磯貝悠馬
あ、おはよう
桃瀬あなた
悠馬、はい!
磯貝悠馬
いいのか!?ありがとうな!
何この爽やかな笑顔
赤羽業
ねー。あなたくばってんの?
後ろから声をかけられる
桃瀬あなた
あ、どーぞ
赤羽業
あ、ありがと〜!
学秀とは会う約束しないとだね
チャットを開く
桃瀬あなた
学秀!ちょっと今日会いたい!少しだけでいいからさ
浅野学秀
大丈夫空けておくよ。どのタイミングがいい?
桃瀬あなた
んー。昼休みそっち行くわ!
浅野学秀
わかった。それじゃあ…生徒会室にきてくれ。
お弁当とか持ってくるなら持ってきて
桃瀬あなた
うん!
昼休みまじで急がないとだなぁ…


4限が終わったあと急いで教室を出る
とりあえず渡しにいかないと!
お弁当も持っていくけど一応
周りに人があんまりいないのを確認して中に入る
桃瀬あなた
…失礼します
浅野学秀
あなた!どうしたんだ?あ、ちなみにここには誰も来ないから
桃瀬あなた
あの、これを渡したかったの
チョコを渡す
浅野学秀
ありがとう!せっかくだし一緒にお昼でもどう?
桃瀬あなた
あ、だからご飯って言ってたんだね!
うん!食べよ!
2人だけなの久しぶりだな
少し話をしたりした
浅野学秀
これ、他の人にも渡したか?
桃瀬あなた
まぁ…渡したよ…
浅野学秀
そっか。あ、あと来月、良かったら予定空けといてくれ
桃瀬あなた
うん。あとで確認しておくよ
生徒会室を出て急いで校舎に戻る
前原陽斗
おい、あなた。急に消えたと思ったら
桃瀬あなた
えへへ。
磯貝悠馬
まぁ楽しそうなら何よりだよ
前原陽斗
ご飯たべた?
桃瀬あなた
うん。
前原陽斗
なんかすっげ〜幸せそうで腹立つ…
え、もしかして…本命渡したの!?
桃瀬あなた
うんん。本命じゃないよ?
そもそも本命は準備してない
磯貝悠馬
そっか。
そんな風に過ごしていたけれどそんな幸せなわけがなかった