無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
私のせいでまだまだ生きてたはずの人生なのにごめんね
なんて言ったら怒られるよね
私頑張って生きるよ
それに大切な仲間友達だって出来たし
学校でもいじめなんかないし、みんなと仲良いんだよ
そんで、君が生きれなかった分私が沢山生きるんだ
そしてお話してあげるの
全部吹っ切れた訳じゃないよ
いまでも、あれは夢じゃないか…なんて思うもん
だけどそんな過去に囚われてても、過去は変えられへんし
だから、君の分まで胸を張って生きるんだ
だって君はそうしてほしいんでしょ?
“お姉ちゃん”
天国でも見ててね