無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

誰かの企み
『告っていいんじゃない?』




そうやって松尾くんに言われた。






聖人さんに好かれてる自覚ないけど、松尾くんが言うなら行ける気がする!
あなた

聖人さん!

聖人
聖人
えっあなたさん?
どうしたの?
あなた

あ、あの私、
聖人さんのこと… ずっと好きでした!

聖人
聖人
・・・
あなた

あっ、返事はまだいいから、ね




















ごめん…。
あなた

えっ?

聖人
聖人
俺、あなたさんのことそんなふうに見れない…  ごめん…
聖人が走っていく。
松尾くん
松尾くん
あっあなたさん!
どうだった!?
あなたの目には涙でいっぱいだった。
松尾くん
松尾くん
どうしたの!?
あなた

聖人さん、グスッ ウウッ私のこと…そんなふうに見れないって…


















その時!松尾があなたを抱きしめる
あなた

えっ!?

松尾くん
松尾くん
大丈夫…僕がいるから、
あなた

ウウッ!松尾くん!

あーあー聖人も人が悪いなー  こんな巨乳をフルなんて、
あなた

えっ?
松尾くん?

その時松尾があなたの胸を揉んできた
あなた

えっちょっと松尾くん!アァ!やめて!ちょっと、アッンや、めて

松尾くん
松尾くん
聖人がお前みたいなやつに興味あると思う?
激しく揉んでくる。
あなた

アッー!ハァハァま、つおくん!ちょっと、!

松尾くん
松尾くん
ふふっかーわっいい
そう言って、キスをしようとしてくる






























あなた

友祐!!!!

松尾くん
松尾くん
はあ?お前、聖人じゃないの?笑
まぁー関係ねぇか
ドスッ!
松尾くん
松尾くん
痛っ
そこに立っていたのは、















友祐だった。