無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

プールの時間
あなた

(あーあ眠ー
っていうかさっきから視線がある)

あなたを見ていたのは、暖太だった。
あなた

「口パクで」
なに?

暖太
暖太
「口パクで」
ちゃんと見てこいよ!
あなた

「口パクで」
いやだね👅

そしてプールの授業は終わり、着替えの時間になった。
あなた

(みんな後ろ向いてるからわかんないよー)











教室に戻り…
暖太
暖太
ちゃんと見てきたか?
あなた

はぁ?
なわけないでしょ!

友祐
友祐
はぁ!?ちゃんと見てこいよ!
「小さい声で」
お前が聖人が好きってことバラすぞ!
あなた

えーん〜もうわかったよ(´−`) ンー

あなた

っていうかこれって脅迫じゃないの?

そしてあなたは、女子の中で1番美少女を指指した。
友祐
友祐
マジで!?
あなた

うんんあの子ね
胸に詰めてる。

暖太
暖太
はっ?
あなた

今日で最後だよ!

暖太
暖太
はぁ!?なんでだよ!
明日もあるからな!
あなた

えっ( ´・ω・`)やーだよ

するとあなたは、急にお腹を抱えて苦しみ出した。
あなた

痛ー!!

友祐
友祐
どうした?
あなた

まぁー多分大丈夫
(嫌な予感がする)

いいねしてください!