無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

危険な夏祭り!!!!
あなた

あれ〜まだ〜?
あっ来た!おーいー!

友達
友達
おーいあなた!お待たせ!
今日は夏祭り!!!!
2人とも浴衣です。
あなた

あっ暖太さん!
久しぶりー!

暖太
暖太
あっあなた!?
そうだ!友祐見なかった?
あなた

なんで?

暖太
暖太
約束してるんだけど…
あなた

えっ友祐さんなら彼女と行くって言ってたよ

暖太
暖太
そんなはずはないんだけど…
友達
友達
えっ!?!?!?
友祐!彼女いるのー?
あなた

うんいるって自慢してきた。

そんな中、あなたは誰かの視線を感じていた。
あなた

(なんか視線がある でも、人が多すぎてわかんない)

友祐
友祐
あっ!!!!やっと居た!
おーい暖太!
暖太
暖太
あっ!!!!友祐!来たー!
友達
友達
ねぇーせっかくだし、みんなで行動しない?
友祐
友祐
嫌だ!
暖太
暖太
嫌だ
あなた

嫌だ

友達
友達
でも、ほらっはぐれると困るし…ね?
なんやかんやで一緒に行動することに…
あなた

あっりんご飴!

友達
友達
ホントだー!
買お買お!
友祐
友祐
しょうがないから俺も買うかー
あなた

別に食べなくてもいいんだよ笑


















金魚すくいにて
あなた

あっ破けちゃった!

友達
友達
私、1匹釣れたー!
暖太
暖太
俺、3匹〜!
友祐
友祐
「真顔で」
俺、8匹。
あなた

なんかムカつく!

友祐
友祐
俺、トイレ行ってくる
あなた

うんわかった!

数分後
あなた

あれ〜友祐さんは?

友達
友達
えートイレじゃない?
暖太
暖太
まぁー混んでるしな
数十分後
あなた

ちょっと私探してくる。

暖太
暖太
じゃあ俺は、あっちの方見てくる。
友達
友達
じゃあ私は、あっちの人混みの中に行ってくる
あなた

うんわかったなんかあったら連絡して!

その頃友祐は、
友祐
友祐
すいません…
あなたの友達が向かってる所の人混みの中にいた。












すると友祐の手を誰かが引っ張った!
友祐
友祐
うわっ!?
手を引っ張る人は人混みのせいで分からない
















ただ






























分かるのは、









































女の子だった。