無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ほ・け・んの時間!
あなた

(なんか笑えてくる。なんで先生はあんなに平然としているの?友祐達は笑えてこないのかな?)

あなたが横を見る
友祐
友祐
んふっ!
あなた

(あっ笑ってる!? 暖太さんは?)

暖太
暖太
んッ!
暖太は必死に目をつぶって、顔は赤く、堪えているように見える。
あなた

あっだから、マスクを付けて笑いを見せないようにしてたんだ!

友祐
友祐
あっ知らなかった?
あなた

うわっびっくりした!
聞いてたの?

友祐
友祐
やばくね?
暖太
暖太
あ〜やばい!
あなた

あれってか男子みんなマスク付けてんじゃん!

友祐
友祐
うんいつもマスクなんて付けてないやつがつけてるっていうことは知ってるっていう事だよ!
あなた

えーうそ〜

先生
先生
そこっ!うるさい!
あなた

すいませんでした。

友祐
友祐
すいませーん
暖太
暖太
サーセン!