無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

友祐との時間
お母さん
お母さん
あなたー!掃除するから自分の部屋の窓開けて!
あなた

はーいはーい!

あなたの部屋にて…
ガラガラッ!
あなた

はぁー風が吹いて気持ち〜!

友祐
友祐
あなた!?
あなた

友祐さん!なんでそこにいるの?

友祐
友祐
だってここ俺のうちだもん!
友祐も丁度自分の部屋の窓を開けていた
あなた

友祐さんとは夏祭り以来か…

友祐
友祐
あのさぁーもう友祐でいいよ
あなた

えっなんで?

友祐
友祐
なんとなく?笑
あなた

何それー

あなた

そうだ!この前誰に襲われたの?

友祐
友祐
えっなんでもねーよ!
ってか襲われてねぇーし!
あなた

ふーんならよかった!😊💕

友祐
友祐
キモっ
あなた

はぁ!?今なんつった!

友祐
友祐
フフっ
\ピンポーン/
友祐の家のチャイムが鳴った。
友祐
友祐
えっ誰だ?じゃあ俺出るわ。
じゃあな!
あなた

うん

あなた

さぁ〜掃除終わったらすぐそこの図書館でも行きますか!

次回友祐が大変なことに!!!!
いいねとコメントください
お願いします!!!!