無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

幼なじみ。①
作者
リクエストしてくださった隼くんの話だけ、これから更新していきます。
うまく話がまとまっていませんが、ご理解よろしくお願いします。

























森下あなた。15歳。




















































来週、中学校の卒業式を迎えます。















































9年間。いや、生まれてきてからずっと同じメンバーで過ごしてたから


























































『高校』ってちょっと怖い。
























































でもそう思ってるのは私だけみたいで。





























































早く高校生になりたいってうるさいのが隣にいる



































































こいつが、よく言われる幼なじみってやつで


































































私の彼氏の






















































小森隼。

































































私と隼は高校も一緒。




















































親が一緒にダンススクール入れて






















































隼とは、みんなよりも長く一緒に居るし

















































隼がいるってだけでちょっとは高校も嫌じゃなくなるし








































































私は卒業式を前に、








































明日のデートの前に

































































あの日のことを思い出してみた。