無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

王子と私。⑤













3日目、朝。















かや
あなた、私待ち合わせあるからもう行くね。
あなた

うん。ありがとう

あなた

楽しんできて👍

かや
また空港で👋
あなた

またねー

















バタンッ














あなた

はあ…

































涼太と2人きり、か…















































大丈夫。






























































もう考えないから















































『人』はものじゃない



































































話しちゃいけない人なんていない。













































































『仲良くしちゃいけない人なんていない。』







































































昔の自分の気持ちに戻れたから。

















































そう思い、支度をしようとすると



































ラインッ



























































涼太からの連絡が。
















片寄涼太
片寄涼太
あなた、準備終わったら海に来て
片寄涼太
片寄涼太
話したいことがある。






































私も涼太に謝らなくちゃ





























それに

































































































ずっと隠してきた『この想い』も伝えたい。













































































私は急いで準備をして部屋を飛び出した




















































































あなた

…おはよっ

片寄涼太
片寄涼太
おはよう
片寄涼太
片寄涼太
あなた、ごめん
あなた

昨日はごめんなさい

あなた

え?

片寄涼太
片寄涼太
え?
あなた

また?笑笑

片寄涼太
片寄涼太
意気合いすぎだろ笑
片寄涼太
片寄涼太
てか俺、あなたに謝られる覚えないんだけど
あなた

わたしこそ…

片寄涼太
片寄涼太
俺は山ほどあるよ、
あなた

そうなの…?

片寄涼太
片寄涼太
先、話してもいい?
あなた

うん

片寄涼太
片寄涼太
最初に言わせて、
片寄涼太
片寄涼太
俺、出逢った時からずっとあなた好きだ。
あなた

え?

あなた

うそだよね?笑

片寄涼太
片寄涼太
うそじゃないよ。この気持ち、亜嵐にしか言えてなかった
片寄涼太
片寄涼太
中学校の時はずっと亜嵐とその話してたし。
でも、しばらくしてあなたと話すことが減ってきて、
片寄涼太
片寄涼太
俺なんかじゃダメなのかなって思って諦めかけてた
片寄涼太
片寄涼太
っていうかほとんど諦めてた
片寄涼太
片寄涼太
そうやって気持ち押し殺して高校入って。そのときだよ、俺が周りから言われてることに気づいたの
片寄涼太
片寄涼太
そうじゃなくて、中学のときは意識しないようにしてただけなのかもしれないけど。
片寄涼太
片寄涼太
亜嵐から聞いた。
中学んとき俺のせいであなたに迷惑かけたこと、
片寄涼太
片寄涼太
俺がちゃんとしてれば何もなかったのに…
片寄涼太
片寄涼太
あなた、
片寄涼太
片寄涼太
本当にごめん。
片寄涼太
片寄涼太
でも、もうあなたに避けられたくないんだ
片寄涼太
片寄涼太
ちょっとずつでいいからこの2日間みたいに、昔みたいに仲良くしていられないかな…
あなた

…涼太

あなた

私ね、涼太と同じクラスになって話しかけてくれて、あの頃、ほんとに嬉しかった

あなた

でもまさかあんなこと起こるなんて思ってもなかった

あなた

私はあれが原因で、ずっと隠し続けてる思いがあるの

あなた

みんなに言われたから、これは閉じ込めてなきゃいけないんだなって気づいて、

あなた

でもこの2日間、それが出来なくなって、涼太に昨日あたっちゃった…

あなた

ごめんなさい。

片寄涼太
片寄涼太
そうだったんだ…
あなた

ねえ涼太

片寄涼太
片寄涼太
ん?
あなた

さっきのは涼太にお願いされることじゃなくて、私が頼みたい

あなた

かやに言われて思い出したんだよね

あなた

昔からずっと大切にしてきた気持ち

あなた

だからもう海に向かって叫ぶ、こんな生活しない!

あなた

自分の思うままに行動する!自分のしたいことする!

あなた

決めた。だからもう人の目なんて気にしない

片寄涼太
片寄涼太
……よかった
片寄涼太
片寄涼太
ねえ、あなた
片寄涼太
片寄涼太
その…
片寄涼太
片寄涼太
閉じ込めてた思いって?
あなた

あっ…

あなた

…私も涼太がずっと好きです。

片寄涼太
片寄涼太
え、?ほんと…?
片寄涼太
片寄涼太
あんな最低なことした俺のことを?
あなた

最低なんかじゃないよ笑

あなた

ある意味、涼太のおかげで色んなことに気づけたし。笑

片寄涼太
片寄涼太
そうですか。笑
片寄涼太
片寄涼太
…約束する。
俺、もうあなたに辛い思いさせない、
片寄涼太
片寄涼太
これからずっと守るから一緒にいてね?
あなた

うん😊

片寄涼太
片寄涼太
あなたー!振り返って海に叫ぶ大好きだーー!
あなた

やめてっ//

片寄涼太
片寄涼太
かわい頭をなでるいなぁ笑
あなた

なんで急にそんなに態度変えるの…

片寄涼太
片寄涼太
だって、あなたが彼女なんだよ!??
片寄涼太
片寄涼太
俺が大好きな子にしたいことして何が悪い?笑
あなた

もう…//

片寄涼太
片寄涼太
じゃっ手を出す行きますか?
あなた

どこ手を握るへ?

片寄涼太
片寄涼太
え?国際通り提案したの誰ですか?
あなた

涼太でしょ!笑

片寄涼太
片寄涼太
あなたもだよ!笑笑
片寄涼太
片寄涼太
早くしないと時間なくなる!!
片寄涼太
片寄涼太
昨日の分、思いっきり遊ぶからな!
あなた

はーいっ笑








































涼太side








































俺、下手くそだから
















































































自分の気持ち































































ちゃんと伝えられたのか、わからない。

























































でも俺は、絶対あなたを守るって















































































離さないってことは心から誓うよ、






















































































だから、

































































もうこういうことで辛い思いはさせないよ、












































































































あなた、大好き。