無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

素直になりたい!
ショッピ
しゃ、シャオさん…ちょっと相談いいですか?
シャオロン
ん?どうした?ショッピくん
ショッピ
俺の部屋でもいいですか?
シャオロン
おう!
ショッピの部屋
ショッピ
あの…ですね?
ショッピとシャオロンはベットに隣同士で座る
ショッピはもじもじしながら話始めた
ショッピ
その…もうちょっと…素直になりたくて…
シャオロン
ほぉ〜?
シャオロンがニヤニヤしながらショッピを見る
ショッピ
そっそういうシャオさんは素直になりたい!とかないんですか?
シャオロン
ふぇ!?
一方、部屋の外では
ちょちょちょっシッマ…!
コネシマ
んぁ?なんや?
しーっ…!ちょっ聞いてみろ…!
コネシマ
ん?
ショッピ
その…もうちょっと…素直になりたくて…
コネシマ
な、なんですとぉ…!
お?シャオちゃんはなんと答えるのかな…?
シャオロン
お、俺は…大先生と居れれば…別に…
…( ゚∀゚):∵グハッ!!
コネシマ
だ、大先生…!?
ショッピの部屋
シャオロン
ん?なんか外騒がしくね?
ショッピ
?そうっすか?
シャオロン
おう…気のせいか!
ショッピ
きっとそうでしょう…で、どうすればいいっすかね…
シャオロン
んー…もうさ、デレちゃえば?
ショッピ
なっ!そんな簡単に言いますけどねぇ!?無理なんっすよ!?
シャオロン
そうだよな。ごめんごめん
シャオロン
……俺もさ、素直になりたい!って思ったことあるよ?でもさ、なれなかった
シャオロン
自分のプライドが許さなかったんだよ…
シャオロン
ショッピくんの気持ちわかるよ…こんな自分が嫌になっちゃうんだ
シャオロン
その夜、俺枕に顔埋めて泣きじゃくったわw
ショッピ
す、すみません…シャオさんのことなんて何も知らないのに知ったような口きいて…
シャオロン
いやいや、大丈夫や!俺こそごめんな?
ショッピ
うーん…どうすればいいんでしょうね…
シャオロン
俺も…実は素直になりたいのかもなぁ…
ショッピ
 ふふっ…素直じゃないっすか
シャオロン
へ!?あ…(//・_・//)カァ~ッ…
ショッピ
かわいいですね…ふふっ
シャオロン
ショッピくん…笑っとる
ショッピ
お、俺だって笑いますよ!
シャオロン
そ、そうだよな!
ショッピ
あ、あの…シャオさんって大先生のことどう思ってるんっすか?
シャオロン
言うからショッピくんも言えよ?
ショッピ
わかってます
シャオロン
…クズとか無能とか言われてるけどさ、どこを見てそう思ってんの?って思う。
大先生はな?まぁ分かっとると思うけど、クズでも無能でもない。すげぇ良い奴や。そんな奴のどこが無能なん?
確かに女たらしなクズ野郎かもしれんな…でも今は俺一筋や。女たらしなクズ野郎じゃない。
それに無能でもない。
シャオロン
ちゃんと書類やってるし、間違ったりヘマすることもある。でもな、本間の無能はそもそもなんも出来へん奴のことや。
あれ?大先生は書類やっとるで?なんも出来へん無能野郎じゃない。
だからな?俺は本間の大先生を見て欲しい。そんなクズ、無能とか言われても前向きに、楽しんでる大先生がかっこよく見えんねん。好きや。そんな大先生が
ショッピ
へぇ…!確かにそうっすね!
シャオロン
( ゚д゚)ハッ!(//・_・//)カァ~ッ…
シャオロン
じゃ、じゃあショッピくんやぞ!
ショッピ
わかってますよ
ショッピ
コネシマさんは心無いとか言われてますが、そんなことないんですよね。
コネシマさんは優しくて気配れるいい人です。まぁうるさいですがね。
そこを直してほしいって所はありますね。
でもそんなところがコネシマさんらしいんですがね。
……まだ俺ってコネシマさんのこと全然知らないんですね…
シャオロン
まっそれはこれから知っていけばいいんだよ!
ショッピ
そうっすね
シャオロン
そういえばショッピくん
ショッピ
はい?
シャオロン
君さぁ、先輩、とかクソ先輩とかじゃなくコネシマさんって呼んでるけど、2人きりの時はコネシマさんって呼んでんのかなぁ?
ショッピ
へ!?え、あ、えと…
シャオロン
ふふっ(かわええとこあるやんか)
部屋の外
なぁ…俺もう行ってくる
コネシマ
おう…俺も同じ意見だ
行くか
部屋の中
ショッピ
結局…どうすれば?
シャオロン
……愛してもらってるんだったら良くね?
ショッピ
確かにそうっすねw
コネシマ
ショッピくんよぉ?
シャオちゃん!話は聞かせてもらったで!
ショッピ
は!?
シャオロン
え!?
シャオちゃんは俺のことそんなこと思ってくれててんなぁ( ˆωˆ )ニヤニヤ
シャオロン
は!?え、あの、そのぉ…俺部屋戻るわ!じゃあな!ショッピくん!
ショッピ
え!?ちょっと助けてくださいよぉ(⸝⸝o̴̶̷᷄  o̴̶̷̥᷅⸝⸝)
シャオロン
っ!(そ、それは反則じゃね?)
ショッピがコネシマに手首を掴まれ逃げられない。
そんなショッピが涙目でシャオロンに助けを求める
シャオロン
シッマ…俺ら眠いんだけど
コネシマ
は?
シャオロン
だからよぉ…寝さしてやってくんね?
コネシマ
それなら俺一緒に寝るから安心しろ!
シャオロン
は?
しゃーおちゃーん🎶
鬱がシャオロンの肩に手を置く
シャオロン
ひっ
ん〜?感じてんの?
シャオロン
感じとらんわ!
しょっ
鬱がシャオロンをお姫様抱っこする
シャオロン
ちょっ降ろせ!
やぁだね♥
それじゃシャオちゃん貰ってくね〜
コネシマ
おう!
ショッピ
あ…シャオちゃん…
シャオロン
ややぁー!降ろせー!
コネシマ
さぁって、俺らも楽しもか♥
ショッピ
…え?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こみ
こみ
BL系の話を投稿します!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る