無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

我々だの日常!
おはよう!トン氏!
トントン
ん?おはよう。大先生今日は起きるの早いな
どーも
トントン
君の彼女は?
気持ちよさそーに寝てるよ
トントン
そっか。先に朝ごはん食べる?お腹減っただろ
じゃあそうさせてもらおうかなー
エーミール
おはようございます
トントン
おー、おはようエミさん。エミさんも先にご飯食べる?
エーミール
そうさせてもらいます。大先生、隣いいですか?
お、どーぞどーぞ
エーミール
失礼します
トントン
ほい、どーぞ
うまそー!いただきまーす!
エーミール
いただきます
トントン
エミさん、隣いいか?
エーミール
いいですよー
このメンバーって珍しいよな
トントン
そうだな。俺とエミさんはよく一緒になるけどな
エーミール
そうですね
ロボロ
お腹減ったー!ご飯ー!
ショッピ
おはようございます
シャオロン
おはよー
エーミール
おはようございます
トントン
おはよー
おはよー
トントン
先席に着いといて。ご飯運んでくる
ロボロ
俺も手伝うわ!
トントン
ありがとう
オスマン
おはよー
ひとらんらん
おはよう
トントン
おはよー
ロボロ
いただきます!
シャオロン
いただきます!
ショッピ
いただきます
コネシマ
ショッピくん!なんで起こしてくれへんかったん!?
ショッピ
朝からうるさいです、くそ先輩
コネシマ
くそは余計や!
ショッピ
てか、起こしましたよ?貴方が起きなかっただけです
ショッピ
人のせいにしやがって
コネシマ
先輩になんちゅう口の聞き方や!
ショッピ
はい、席に着いて
コネシマ
はーい
トントン
はい、どうぞ
コネシマ
いただきます!
ゾム
トントーン!ご飯ー!
トントン
はいはい、どうぞ
ゾム
いただきます!
ごちそーさん
トントン
ごちそーさまでした
エーミール
ごちそうさまでした
エーミール
あ、私皿洗いしますよ!
俺も手伝うわ!
エーミール
トントンさんグルッペンさんのとこ行ってたらどうです?
トントン
じゃあそうさせて貰うわ。ありがとう
ロボロ
ありぇ?ほーいへは、ぺひんは?
シャオロン
ペ神はなぁ、まだちゃうか?
ロボロ
ほーはん?ゴクッショッピくん!
ショッピ
さぁ?そんなに心配なら見てきたらどうです?
ロボロ
そうやな!行こか!ショッピくん!
ショッピ
は!?なんで俺!?
シャオロン
いってらー
ショッピ
ちょっ、嫌ですよ!
ロボロ
まぁまぁ、見に行くだけだから
ショッピ
んー……ならいいですけど…
ロボロ
ありがとう!
シャオロン
ごちそーさまでした
エーミール
皿持ってきてください!
シャオロン
はーい。ありがとーな、エミさん、大先生
エーミール
いえいえ、大丈夫ですよ
あ、確かもうちょいで雨降るなー…俺洗濯物取り込んでくるわ
シャオロン
俺も手伝う!
エーミール
はーい。行ってらっしゃい
ゾム
おかわりー!
オスマン
ごちそうさまでした
ひとらんらん
ごちそーさまでした
エーミール
皿持ってきてください
オスマン
はーい!
ひとらんらん
わかった。ありがとう
オスマン
ありがとう〜
エーミール
いえ、大丈夫です
エーミール
あ、ゾムさん、私入れますよ?
ゾム
ううん、自分で入れるわ!
エーミール
わかりました
しんぺい神
おはよー
ロボロ
さぁって!ご飯たーべよ!
ショッピ
え、おかわりするんっすか?
ロボロ
おう!
ショッピ
そうですか…ごちそうさまでした
エーミール
はい、どうぞ、ご飯です
しんぺい神
ありがとう!エミさん!
しんぺい神
いただきます!
グルッペン
皆、おはよう
コネシマ
おー!久しぶりやなぁ!
ロボロ
ほんまやなぁ、って、大丈夫か!?ひょろひょろやんけ!
グルッペン
あー…大丈夫だ。すまんな
ショッピ
あんま無理しないでくださいよ?
グルッペン
あぁ
トントン
エミさん、俺皿洗いするで?
エーミール
いえいえ、大丈夫ですよ
コネシマ
ごちそーさまでした!
トントン
おう
トントン
ごちそうさまでした
ゾム
はぁ…いっぱい食ったー!ごちそーさんでした!
コネシマ
うおっ、すごい雨や
トントン
え!?洗濯物…っ
シャオロン
あー、それなら心配すんなや
そやぞー!
シャオロン
まだ洗濯物乾いてなかったわ
トントン
取り込んでくれたんか?
シャオロン
おう!
トントン
ありがとう!
どういたしましてー
兄さん
ただいまー…へっくちゅ
しんぺい神
兄さーん!
兄さん
な、何?
ロボロ
びしょびしょやん!
グルッペン
大丈夫か?
兄さん
うん…多分…お風呂入ってくる…へっしゅん
しんぺい神
かぁわいい!俺が連れて行ってあげる!
兄さん
え、いや別にいいからっ、降ろせ!
しんぺい神
照れなさんなって♥
しんぺい神
あ!一緒にお風呂入ろっか♥
兄さん
ゾクッちょっ、降ろせー!
エーミール
しんぺいさん!まだご飯食べ終わってないですよ!
しんぺい神
あ、ごめんごめん!今から食べるわ!
グルッペン
ごちそうさまでした
グルッペン
それじゃ部屋戻るな
トントン
グルさんっ!
グルッペン
なんだ?まだ仕事が残ってるんだが
トントン
(ここんところずっと仕事やんか!)
トントン
う、ううん!なんでもない!ごめんな、引き止めて
グルッペン
いや、大丈夫だが…
トントン
頑張ってや!
グルッペン
あぁ。じゃあな
トントン
おう!
ロボロ
ごちそーさま!
エーミール
トントンさん?
ロボロ
トン氏?
トントン
……なんでもないっ
ロボロ
なんでもないことないやろ?俺ら受け組やねんから、話してや
エーミール
受け組の皆で決めたじゃないですか!悩んでる人がいたら近くの人が相談に乗るって。話してください。私達相談に乗りますよ
ロボロ
そうやそうや!ほら…な?
トントン
グスッ…ありがとうっ…あのな?
ロボロ
おう
トントン
ここ最近ずっと構ってくれへんくって、話しかけたら仕事が仕事がって…確かに仕事は大事や。でもな、休憩ぐらいしてほしいし、甘えて欲しい…1分だけギューってしてくれるだけでもいいから…かまって欲しい…
ロボロ
うんうん
エーミール
……あっ!そうだ!
ロボロ
ん?どうしたん?
エーミール
私、グルッペンさんの仕事やりますよ!
トントン
え?
エーミール
私、あんまり仕事やったことないので、上手くできるかわかりませんが…
トントン
いいんか?
エーミール
はい!私本ばっか読んでる人間なので!
トントン
ありがとう!
エーミール
じゃあ行ってきますね…あ、…
ロボロ
どうしたん?
エーミール
皿洗い終わってない…
しんぺい神
ごちそーさまでした!兄さーん!
ロボロ
それぐらいやったら俺やっとくわ!
エーミール
ありがとございます!行ってきます!
ロボロ
はーい
トントン
皿洗いぐらい俺やるって…
ロボロ
そうやって甘やかすのはあかん!もっと俺らを頼ってや!
トントン
ふふっ…ありがとう
グルッペンの部屋
エーミール
グルッペンさん…失礼します
グルッペン
なんだ?
エーミール
資料…すごい量ですね
グルッペン
あぁ。仕事の量見に来ただけか?
エーミール
いえ…その、資料少し分けて貰えません?
グルッペン
は?
エーミール
いや、グルッペンさんしかできない資料もあると思うので、私でもできる資料を…
グルッペン
いい
エーミール
え?
グルッペン
いいと言ってるんだ!これぐらいできる!
エーミール
確かに出来るでしょうね。でもこのままずっと徹夜する気ですか?体調崩しますよ!わけてください
グルッペン
いい加減にしろ!!
エーミール
ビクッ
グルッペン
いいと言ってるだろ!!
エーミール
……すみません…そうですよね、こんな資料も特になんのやったことないやつに任せるなんて無理ですよね。こんなこと言った自分が馬鹿でした
エーミール
すみません…失礼しました
グルッペン
……はぁ…
トントン
あ、エミさん!
ロボロ
お、どうやった?
エーミール
((-ω-。)(。-ω-))フルフルダメでした
エーミール
いいと言われて…
エーミール
よく考えたら、私みたいな特になんの取り柄もなく、本読んでるだけの人間に任せる方が無理だって…すみません
トントン
いや、そんなことないで!
ロボロ
そうやで!あっ
パリーン!
エーミール
あ、
トントン
あっ…
ロボロが割った皿はトントンかグルッペンからもらった大事な皿だった
ロボロ
ほんまにごめん!俺、トントンに楽してもらおうと思って皿洗いやったのに…迷惑かけただけやん…ごめんなさい…
トントン
誰でも失敗ぐらいするって!俺だって失敗するしさ!
ロボロ
グスッ、(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷᷄๑)
ロボロ
( இωஇ )ウワーンひぐっ、ごめんっ、なさいっ
トントン
大丈夫やから!気にすんな!
ゾム
どうしたんや!?
トントン
あ、ゾム…
ロボロ
俺っ…トン氏に楽してもらいたかったのに…グスットン氏が大事にしてた皿っ、割っちゃったぁ
ゾム
そうなんか
トントン
気にすんな、ロボロ。皿なんて変わり、いくらでもあるしさ!
エーミール
でも、それ…グルッペンさんから貰ったやつじゃ…
トントン
そうや。でも、グルさん今は俺のことなんて気にしてないよ。それにしゃーないしな
グルッペン
俺がトン氏のこと気にしてない?
トントン
何キレ気味やねん
グルッペン
そりゃそんなこと言われたらそうなるだろ!
トントン
こうなったんは全部あんたのせいや!
グルッペン
は?
トントン
こっちがキレたいぐらいやわ!かまって欲しいのに仕事仕事って…彼女より仕事の方が大事か!?そりゃ、仕事は大事や?でも1分だけギューってしてくれるだけでもいいねん!一言喋ってくれるだけでもいいねん!そんなこともできへんのか!?グルさんのばーか!
トントン
ロボロとエミさんのこと絶対責めんなよ?この2人はな、俺とグルさんに楽してほしいからこんなことしてくれたんやぞ!?
グルッペン
……
トントン
部屋戻る
ロボロ
トン氏!
トントン
何?
ロボロ
ほんまごめんな…
トントン
もういいって
グルッペン
どういうことや?ロボロ、エミさん
ロボロ
そのまんまや。トン氏が言ってた通りや
エーミール
私達はグルッペンさんにも、トントンさんにも楽してほしいんですよ!
ロボロ
なぁ、甘えてや。甘えて欲しい。体調崩して欲しくないし、悩み事抱え込むのも嫌や。なぁ、甘えてや
グルッペン
……そうやったんか…エミさん、すまんかったな。さっきはあんなきつく言ってしまって…仕事半分やってもらえるか?
エーミール
っ!はい!喜んで!
ロボロ
ふふっ。あっ、あと、トン氏かまってあげや。グルさんが仕事優先しだしてからすっごい寂しそうやったで。1発ヤッてあげたら?
グルッペン
そうやな。ロボロもそんなこと言うのか。純粋な男の子だと思っていたが
ロボロ
にひひっ、ゾムが彼氏だったらしゃーないしゃーない
ゾム
んだとー!?
エーミール
あとで私の部屋に資料持ってきてください
グルッペン
わかった。じゃあ行ってくる
ロボロ
行ってらー
エーミール
行ってらっしゃい
ゾム
行ってらー
ロボロ
……仲直りできたらいいなっ
エーミール
そうですね。私達はトントンさんの気持ちわかりますもんね
ロボロ
そうやなっ
ゾム
え?どういうことや?
ロボロ
え、あーなんでもない!
ゾム
チーノにも言っとこー
エーミール
や、やめてください!
ゾム
じゃあどういうことや?
ロボロ
むー!俺らも嫉妬ぐらいする!かまって欲しい時くらいあんの!俺も部屋戻る!
ゾム
エミさん、お前もか?
エーミール
そ、そうですね…
ゾム
チーノー!
エーミール
ちょ、ちょっと!
ゾム
にひひっ、んなこと言われてチーノに言わんはずないやろ♥今日は2人ともヤられるな♥
チーノ
はぁ…朝ごはん食べてない…なんか呼びました?
ゾム
あのなぁ?エミさんが…
エーミール
わー!!言わないでー!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こみ
こみ
BL系の話を投稿します!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る