無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

144
2021/09/13

第20話

聡くんと二人きり
あなた
んぅ、んぅ…
んぅあー!!キャアー!!
必死に抵抗したけど…


風磨くんに腕を取られ、引き摺り込まれていく以上


もう…
菊池風磨
菊池風磨
動くなって
死にたいの?
勝利が扉を開け私は連れ込まれた


そして私はある部屋に入れられ床に押し倒された
菊池風磨
菊池風磨
今から、準備するから
静かに待ってること
いい?守らなかったら死ぬ、それだけ
じゃあまたあとでね
部屋には私と聡くんの二人だけになった
松島聡
松島聡
さっきはよく僕を投げ飛ばしてくれたね
あぁ、大丈夫
そんなことであなたちゃんを傷つけるつもりはないから
聡くんはそう言うと私に近づいてくる
あなた
んぅんん(やめて、こっちに来ないで…)
松島聡
松島聡
ふふ(ww)しー🤫
動かないで😊
聡くんは私の口につけられていたガムテープを外してくれた
あなた
どうして…なんで殺さないの?
殺したいなら早く殺しなよ!
松島聡
松島聡
僕、まだあなたちゃんといっぱい遊びたいもん、それに本当はさっき殺す予定だったんだよ
あなた
え…
松島聡
松島聡
勝利が『もう少しだけ待って』って言い出したから
あなた
なんで…
松島聡
松島聡
そんなこと、僕にとってはどーでもいい
僕が今求めてるのはあなたちゃんの声
ねぇ、聞かせて
もっと僕のこと楽しませてよ
私の頭を撫でながらそう言ってくる聡くん


どう見ても聡くんの顔は楽しんでる


あまりの怖さに涙が溢れ出てきた


今まで我慢していた分、涙が止まらなかった
あなた
もう…やめて( ;∀;)
助けて…
松島聡
松島聡
泣いてるの?さっすが〜😊
そんな姿見せられたら僕も興奮しちゃうって
私の涙を見た聡くんは…


私を襲ってきた


足を押さえつけられていて


どんなに暴れてもどんなに足掻いても


意味はなかった


聡くんは私の首を全力で締めようとしてくる
あなた
た、す…けて…
はっ…はっ…
松島聡
松島聡
苦しい?息できないよね〜
叫んでいいんだよ
呼吸がうまくできなくて


叫ぶことすらできない
松島聡
松島聡
はぁ、もう限界か
そういうと聡くんは手を離してくれた
あなた
ゴホッゴホッ
はぁ、はぁ