無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第104話

雛 垣 ?!?!



あなた side









『 わーお 、またか 』



浅「 ん ?どうした ?」



『 いや 、アンチいるなって 』



浅「 あーーー 」

















































マネージャーに渡されたファンレター 。



みんな応援してくれてるんだよ?!?!



すっっっごい励みになってるけど 、



世の中にはわたしのことを気に食わない人もいて 。



時々 、中にはカッター ?とかうん 、((























































『 じゃにーずにおんなはいらなーい 。
おとこずきのくそやろうがー 。
せくぞけがすなぶすー 。だって 笑 』



浅「 うっっわ 笑 」



『 はあー 。めんどくせ わらわらわらわらわら 』



浅「 怖いなお前 爆笑 」



『 こーゆーの見るとテンション狂っちゃう ♡
てか 、そろそろ桃花の学童お迎え行かなきゃ 。
んじゃあまた明日〜〜 』



浅「 はいはい 、じゃーな 」






















































社長とかに話した方がいいのかなー 、とか



ほっとこうかなー 、とか呑気に思いながら



事務所を出た時だった 。
































「 死んじゃえばいいのに … 」