無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ロ ケ



あなた side










佐「 あああ … 足がもうバッキバキすぎて … 」



『 まあここが最後ですから頑張りましょ 』



全「「 東京スカイツリー !!!!」」

















































ただいま6:30 。夜ご飯どきですね ()



まあ夜ご飯なんてロケにはありませんよ!!!!()



全て食べ歩きですはい ((



































































『 早く登りたい … !!』



中「 焦らないで 笑笑 」



菊「 セクチャンではタワーしか行ってないもんな 」



マ「 ぼくスカイツリー来たの初めて !!」



全「「 え ?!?!」」



松「 俺2回目だ !!
一回お姉ちゃんと来たことある 」



中「 俺 、10回目ぐらい ?先輩とかとよく来る 」



菊「 俺は1年に3回程度でくる 。
妹がスカイツリー好きだから 」



佐「 俺も結構きてる気がする 。あなたは ?」



『 最近は1ヶ月に一度ぐらい ??』



全「「 ええ ?!?!」」



菊「 おま 、そんな来てんの ??」



『 きてるよ〜 ??でも登らない 。
水族館によく行ってるの 。年パスあるから!!』



松「 1人水族館 ??笑 」



『 んーん 。樹がいつもいる 』



菊「 樹かよ wwwwwww 」



佐「 何だかんだ言ってそこ仲良いよね知ってた〜 () 」



中「 勝利嫉妬すんなってー 笑笑 」



マ雛「『 しっと ???』」



全「「 ……… 」」



松「 俺 、純粋キャラだったよね 、?笑 」



菊「 あなたとまっしまキャラ交代じゃん www 」



『 ええ〜 、松島とはやだ … ( 小声 )』



松「 え 、ひどくない ?!?!笑 」



佐「 はいもう上行きますよ〜 」

























































やった早く行こう絶対景色綺麗だよね !!!()



あ 、でもエレベーターか ………… ((























































店「 それでは地上450mの地点まで
いってらっしゃいませ 」















































































店員さんのアナウンスとともに



エレベーターの扉が閉まった 。



暗いし 、耳キーンってするし 、嫌だ ………









































































「 … ( グイッ 」



『 へ … 』



「 し 、」





















































いきなり 、ふわっとした感触に抱きしめられた 。



暗くてよく見えないんだけど … !!!!()



でも … なんか安定感ある 。いい匂い … ((



抱きつかれててキーンって音聞こえないし、



匂いで暗さなんて気にしなくなった 。






































ア「( ちーん )
地上450mでございます 」








































アナウンスの声で扉が開き 、景色が明るくなった 。



そして 、離された感触を感じ即座に後ろを向いた 。
















































菊「 すっげー !!!( 前で騒いでる奴 1 )」



松「 きれーい !!!( 前で騒いでる奴 2 )」



マ「 やばーい !!!( 前で騒いでる奴 3 )」



中「 おおおお !!!( 前で騒いでる奴 4 )」



『 … 』



佐「 … ん ?笑 」



『 ……… ありがとう 』



佐「 なにが〜 ?笑 」



『 分かってるくせに 』



佐「 ……… あなたの事ならなんでも分かるよ 笑 」






























































不覚にもきゅんっとしてしまった ((



なにこの彼氏感半端ねえ !!!!!()



さすがわたしのシンメ ←



この後 、営業時間ギリギリまで夜景を眺めて



楽しんでいたSexy Zoneでしたとさ ((