無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

う な ぎ ぱ い



佐藤 side












松「 おっはよーーー !!!」



全「「 はよー 」」


































































最近 、松島さん静岡に帰省しててね 。



会うの久しぶりなんですよどうも佐藤です ←

















































マ「 そちゃんおかえりー !!♡♡ 」



松「 ただいままりちゃん !!♡♡
あ 、そうだ !!これ 、みんなにお土産 !!」




























































そう言って聡が渡してきたのは 、



静岡名物のウナギパイ 。やった〜 。



俺 、結構好きなんだよねうん 笑


















































マ「 ありがとー !!♡♡ 」



中「 おっ 、久しぶりのウナギパイ 」



『 さんきゅー 』



菊「 またウナギパイかよ 。
まあ食うけどさ 」←



























































もくもくとウナギパイを食べ始めるメンバー 。



サクサクしてて美味しい 、笑



ウナギの味全くしないけどさ( 当たり前 )














































雛「 あ 、松島おかえり 。
みんな何食べてんの ?」



松「 あなたっっ !!!!」




























































あらあらうちの食いしん坊さんのお登場((




















































マ「 そちゃんが静岡のお土産って言って 、
ウナギパイくれたの !!!!!」



松「 あなたも食べる ?」



雛「 そんな名前からして
不味そうなものはいりません 」←



菊「 お前 、ウナギが
入ってるとでも思ってんの ?笑 」



雛「 … 違うの ?」



全「「 ぶふっ w w w w w w 」」



雛「 え 、!!だって !!ウナギがなんか切り身
みたいに切ってあって 、アップルパイみたいに
乗っかってるパイじゃないの 、?!?!」














































まって w w w w w w w w



俺のシンメがすごく可愛い w w w w((