無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

楽 屋



あなた side






『 突撃 !!楽屋訪問〜〜 !!!いえーい !!』



菊「 一人でやってて恥ずかしくないのかよ 」



『 うるせえ黙れアザラシ !!』
































































そうです今日は自撮り用の小型カメラを渡されて



楽屋の様子を撮れとマネージャーに言われますた ((

































































『 中島すわぁーん 』



中「 呼んだ?俺の姫 」



『 あなたのお姫様が呼びましたよはい 』←



中「 え 、なになに俺すっぴん 」←



『 女のすっぴんはもっと酷いから大丈夫 』



中「 意外にあなたってメイクしてないよね 」



『 する気がないからね落とすのめんどくさいし 』



中「 ナチュラルメイクが俺は好みです 」



『 ファンの皆さん !!聞きましたか ?!
ナチュラルメイクだそうです 』



中「 あんまりベタベタなの無理〜 。
うまく … キスできないしね ♡ 」



『 はい通常運転のラブホリあざしたー 』



中「 いえーい 」



『 きっくちーーー 』



菊「 今 、グミ食べてるから取材NGでーす 」



『 え 、何グミ 』



菊「 ピュ … 『 ください 』 ええええ 」



『 ピュレグミわたすの命なの 』



菊「 可愛くお願いしてみ 」



『 ええ … 。ふーま 、ちょーだい ?♡ 』



菊「 … 1個だけな 。はい 」



『 やったーーーー !!!!うましうまし 』



菊「 セクゾにも5歳児いたよ 」



『 え?何言ってるの?5歳児は
東西おかだいき だからこそ成り立つんだよ !!』



菊「 あそこの5歳児っぷりは半端ねえからな 」



『 ほんと重岡うるさすぎてーーー 』




















































ふまけんは楽屋でもステージでも



いつでもふまけんでした((