無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

嵐 に し や が れ



あなた side









吉「 続きまして3品目〜 。銀座に行列 !!
トロトロのたまごを使った" オムレツサンド " 〜 」



『 喫茶 YOUだ !!!Jr.時代よく行ってました !!』



松(潤)「 そーなの ?」



『 はい !!きすぃーとか 、
田中樹とかと 、クリエの帰りに 』



二「 そこら辺仲良いよね 」



『 まあ腐れ縁ってやつです 』



吉「 問題行きますよ ?笑 」



『 あ 、どうぞ !!笑 』



吉「 ここ「喫茶 YOU」では、
店員さんたちの間で、“ガチョン”という言葉が
飛び交います どんな時に使うでしょう ?」



『 え 、これガチで言っていいですか ?笑 』



吉「 どうぞ ??笑 」



『 もう終わっちゃいますよ ?笑 』



櫻「 言っちゃえ !!」



『 ( ぴこんっ )二「 いらっしゃいませ !」えっ 』



吉「 ( ぶーっ ) え 、あ 、違います 笑 」



『 え 、今 、わたし ?え ?』



フ「「 爆笑爆笑 」」



二「 だってなんか俺のドアップきたんだもん 笑 」



『 え 、まあいいです 』



大「 いいんかい w w w w 』



『 ( ぴこんっ )ガムシロ無しで !!』



吉「 ( ぴんぽーん )正解 !!」



『 っしゃぁぁぁぁぁぁぁぁ !!!!』



松(潤)「 いーなー 笑 」



吉「 正解した雛垣さんには
サンドウィッチどうぞ〜 」



『 いっただっきまーす ♡♡ 』



相「 どう ?どう ?」



『 んふっ ♡ 』



吉「 美味しすぎて思わず笑みが
こぼれています !!笑 」



『 ほんと 、めっちゃ美味しいです 。
パンも卵もふわふわしてて最高です!!』



二「 よーし 、次行こう 」



フ「「 爆笑爆笑 」」









































ほんとこのサンドウィッチ懐かしすぎる … !!



いっつも樹の奢りで食べてたからね w w w w



変わってないお袋の味 ?的な ()



とりあえずクソほど美味いですはい !!!!((