無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

日 本 昔 話



あなた side











桐「 … はあ 。どこかの誰かへ 。
月が綺麗ですねえ 」



全「「 ぶっふおお wwwwwwww 」」




























































ねえ待って桐山が王子様はしんど wwwwwwww



は 、腹痛い wwwwwwwwwwwwww
































































『 … な 、なんて 、うう 、ううつくしい 、
王子さま …… なの 、ぐふっ wwwwwwwww 』



桐「 おいこら !!爆笑
ちゃんと言いなされ !!!爆笑爆笑 」



全「「 爆笑爆笑 」」



中「 そしてある日 、嵐のせいで海が荒r …
『 嵐さんのせいじゃない !!!!』えっ 」



『 国民的アイドルがそんなことするわけ !!』



重「 サクラ咲ケ〜ぼくの胸の中にある〜 笑 」



藤「 その嵐ちゃう wwwwwww 」



中「 あー 、じゃあ 、台風のせいで 笑
海が荒れて王子の乗った船は
難破してしまいました !!」



重「 うわあんうわあんうわあん 」← 乗組員



小「 タースーケーテー 」←乗組員



桐「 おっふ 、体が 、沈む 、、、」←王子



神「 王子ただのデブやん wwwwwww 」



『 まあ大変 !!!王子 !!!
待ってろ今助けるんご !!!』



中「 現代語入れてくんなや wwwww 」



『 あはん 。あれ ?どれが王子だ ?』



桐「 お 、俺やで !!ここにおるで !!」



『 嘘おっしゃい !!!!
王子はそんなデブってないわ !!!!』



重「 姫ひどいやん!!笑 」



中「 爆笑 、
人魚姫は仕方なく王子と言い張る男を助け
陸まで連れて行きました 」←



『 で 、デブすぎて腰に負担かかってもうた … 』←



重「 アヒャヒャヒャ 爆笑爆笑 」



中「 しかしご覧の通り人魚姫には足がありません 。
もう王子に会うことも出来ません。
けれどどうしても会いたかった人魚姫は
魔女の家に相談しに行きました 」



『 コンコッココン !!!エルサ !!
雪だるま作〜ろ〜 !!!!』



藤「 それアナ雪や wwwwww 」



神「 あっち行けよブスアナ !!!」



『 ブスじゃな〜い … 』



重「 エルサひでえ wwwwww 」



小「 なんか語呂があっててムカつくんやけど 笑 」



『 はいちゃんとやりましょ 』



神「 フェッフェッフェッ( いきなり )」



『 あのね 、!!わたし 、… 芦田愛菜だよ ♡ 』



全「「 ぶふっ wwwwwwww 」」



中「 ここのシーンから進まないんやけど!!爆笑 」



『 すいやせん wwwww
わたしね !!足が欲しいの !!』



神「 フェッフェッフェッ 。じゃあ
これを飲むとええで〜 。ただ 、声なくなるんやで 」



『 いいの !!またあの人に会えるなら … !!』



神「 そうかい … 。しかも王子が結婚したら
泡になるんやぞお前さん 」



『 わかっているわ!!ありがとう魔法使いさん!!』



中「 いやいやいやいや wwwww 」



『 え ?笑 』



濵「 魔女やで !!!笑笑 」



『 ほんまやん !!!爆笑爆笑 』



全「「 爆笑爆笑 」」










































無意識で魔法使いさんに変身してました 笑笑