無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

お ば あ ち ゃ ん



あなた side
















菊「 おいババア 」



『 は 、うるせえジジイ 』

















































































そうです最近うちの菊池風磨が



わたしのことをババア呼ばわりしてきます ((



ほんと永瀬に似てきてるよねふまたん ←


































































菊「 ババアはババアだろ 」



『 じゃあジジイもジジイだろ 』



菊「 俺 、まだ23ですけど 」



『 はあん ?!わたしまだ 、は・た・ち ♡ 』



菊「 うわうっざ 」



『 ふっふっふっ 。まだピチピチだからな 』



菊「 制服来たらもっとババアに見える 」



『 まだ学生役いけるからね ?!
今年2つも学生胸キュン映画公開するからね?!』



菊「 えーー 、みなーい w w w w 」



『 おまえふざけんなよ w w w w w 』



佐「 ふーまくん 」







































































お 、お 、しょーりきゅん救世主?!( きも )



やっぱりわたしのシンメは流石だわ〜〜 !!!



































































佐「 言葉遣い気をつけないと 」



菊雛「『 そこ ?!?!』」



















































































前言撤回 !!!!!



しょーりきゅん救世主じゃなかったみたい !!!()











































































佐「 あと 、おばあちゃんには優しくね 」



菊「 それもそうだな !!!」



『 おい 』



松「 俺もおばあちゃんに優しくする〜 !!」



『 は 』



マ「 お年寄りにはいろいろ譲んなきゃ !!」



『 え 』



中「 BBAになっても … だいすきだよ ?!」←



『 あ 、結構です 』←



菊「 てことで 、おばあちゃんには
ジュースを買ってくる件を譲ります !!」←



全「「 いってらっしゃ〜い 」」



『 おまえら全員覚えとけよ …… !!』

































































もう !!!わたし偉いからね !!!()



安心してくださいちゃんと奢りましたよ !!!((