無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

夢 落 ち by ウ ィ ッ グ




あなた side
















『 おっはよーございまーす 』



全「「 …… 」」



『 ん ?どした ?』











































わたしが楽屋に入るやいなや 、



ぽかーん顔をするメンバー 。































菊「 おま …… 髪 …… 」



『 髪 ?』



佐「 え 、ちょ 、鏡見て !!!」







































佐藤に渡された手鏡を見ると 、



わたしの頭が綺麗に掃除されていた ()







































『 ・・・・・・は w w w w w w w 』



マ「 あなたちゃん … そんな趣味あったんだ 」



『 いや 、ないし w w w w w w w 』



松「 す 、すごい髪型だね !!うん !!
似合ってる !!!と 、思うよ !!!!!」



『 無理して褒めなくても w w w w w 』



中「 ウィッグつける ?」



『 そーっすね 。どうしようもないし 』



佐「 ウィッグ持ってきたよ〜 !!」



『 佐藤 …… それ … w w w w w w w 』



佐「 あ 、なんで俺ハゲのウィッグ
持ってきたんだろ w w w w w w w w w 」



菊「 まって腹痛てえ w w w w w w w w 」



中「 さいこうなんだけど !!!笑笑笑笑笑笑 」



『 もうそれつけるわ w w w w w 』
































ウィッグに手を伸ばした瞬間 、



視界がぐにゃりって曲がって



気づいたら家のベッドにいた 。



…… 夢かよ !!!!髪ある 。よかった ()



このことをメンバーに話したら



爆笑されましたちゃんちゃん((










____________________________________________


新しい小説書きました !!!!


「 サバサバかぶりっ子か 。」


セクゾの紅二点 ??になっております 。


最終的には紅一点になる予定ですけど ()


ぜひぜひお気に入りお願いします !!!!