無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

楽 屋



あなた side












お次はちびーずすわぁーんたち ((




































『 しゅがーくん 』



佐「 砂糖じゃありません 」



『 しゅがーちゃん 』



佐「 いや俺の話聞いてた ??笑 」



『 全く ♡ 』



佐「 うっわーーーー 」



『 えーーなんかしょーりきゅんこわーい 』



佐「 え 、その呼び方きもい 」



『 え 、ひどい 』



佐「 うそうそかわいいよ 、笑 ( 頭ぽんぽん )」



『 ・・・ 』



佐「 え 、なに照れた ?笑 」



『 うるせえバカ顔面国宝 !!!』



佐「 褒めてるの貶してるのどっちなの w w w w 」



『 もういい 。次まっしま行くし 』



松「 はぁーい ?」



『 よお 、鼻の下めっさ伸びてる人 』



松「 え 、なにそのあだ名 w w w w 」



『 今とっさに思い浮かんだ 』



松「 俺 、言っとくけど鼻の下通常だから !!() 」



『 え 、めっさ伸びてるよ !!() 』



松「 いやいや〜 」



『 いやいや〜 』



松「 なにこの茶番 」



『 わからへん 』



松「 なにその関西弁 」



『 かわええやろ ?♡ 』



松「 かわいい ♡ 」



重「 ( ばーん )エセ関西弁すんなあほ垣 !!」



『 勝手に楽屋入ってくんなバカ岡 !!!』



松「 2人とも平和だね〜〜 」←



『 もう 。よし最後はマリウス 』



マ「 Hello〜〜 」



『 かわうぃーねマリウス 』



マ「 あなたちゃんの方がかわいいよ ♡ 」



『 いやんお世辞うまくなったね 』



マ「 ほんとのことだよ〜〜 !!」



『 なんかついこの間小学生だったマリウスが
もう大学生とか …… しくしく 』



マ「 時が経つのって早いね〜〜 笑 」



『 ほんとだよ !!!
ついこのあいだまで菊池が 、
あなたちゃんって可愛く呼んでたんだよ ?!』



菊「 いつの話だよ 」



『 も〜〜 、時が経つのって早い( 2回目 )』



マ「 あなたちゃんのバカっぷりは
時経ってないよね 」



『 えっ 』



マ「 てへぺろ ♡ 」



『 くそっ 、可愛いじゃねえか 』←






































こんな風景が日常茶飯事なのです ()



でぃすいず せくしーぞーん !!!!