無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

け ん か






あなた side









中「 遅れてすいません !!」



菊「 さっせん 」



中「 だから !!」



菊「 別にいいだろ 」



中「 いやあのねえ … 」






















































まーだやってるよあの2人は 。



早く始めたいんだけどなあああ ()




















































『 ね … 菊中「「 だまって/ろ 」」は 』



佐「 あなた …… 」



松「 お 、俺らだけで練習 、する ?」



マ「 そ 、そうしよっか ?」



『 … はあ 』



佐「 もう始め … 『 ちっ 』 え 」



全「「 ?!」」



『 いい加減にしろよ( 椅子に座って足を組む )』



菊中「「 ( ぽかーん顔 )」」



『 お前らのせいでリハ止まってんの 。
分かんないの ??2人が喧嘩したおかげで
ちびジュたち怖がってんじゃん 』



佐「 今のあなたの方が … 『 お黙りっ !!』はい 」



『 なにで喧嘩したのか知らないけどさ 。
どっちも20すぎたおじさんなんだから
早く仲直りしてようるさいな 』



全「「 …… 」」



『 菊池も中島に注意されたことは聞く 。
中島はあまり言い過ぎない 。はい 、これでよし 』



中「 …… はい 。ごめん風磨 。しつこすぎた 」



菊「 ……… おう 。俺もちゃんとするわ 」



『 はい !!じゃあ練習するぞー !!!!』



全「「 おー !!」」





















































ふまけん大人だから



聞き分けが良いんだよねうんうん((



私がちびジュに超絶怖がられてた ?



そんなん知らねえ !!!!( え )