第5話

感謝
先輩
先輩
じゃあこれ、よろしく頼む。
私
はい!
戻ろうとした時
ドタ!!
先輩
先輩
大丈夫?!







ピーポーピーポー


目を覚ますとそこは病院だった。
私
あれ?ここ。なんで?
先輩
先輩
あ、良かった。おきた。
私は状況が分からなかった。
私
あの、どうして、ここに?
先輩
先輩
実はさっき、


先輩から話を聞いた。

私が倒れたこと そして救急車が来たこと
私
え、!す、すみません!!
私
迷惑ばっかりかけて!
先輩
先輩
いいよ全然
私
す、すみません


良かった。先輩に感謝。
医師から告げられたのは大した病気でもなく、疲れだそうだ。
私
良かった〜
先輩
先輩
ほっとしたよ。じゃあそろそろ戻るね
私
あ!はい!ありがとうございました!


ガラガラ
そして5分くらいたった時マサイが来てくれた。