無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話
あなたside
潤が姿を消してから私の学校生活は変わった

ママ
ママ
あなた〜起きなさい学校よ!
久野宮あなた
はーい
いつもだったら
ママ
ママ
あなた!!起きなさい潤くんが来るわよ!
久野宮あなた
はーい
だった
久野宮あなた
ママおはよう
ママ
ママ
おはようご飯食べなさい
いつもだったら
久野宮あなた
ママおはよう
ママ
ママ
早くご飯食べなさい!潤くんが来るわよ
だった
行く時
久野宮あなた
行ってきます
ママ
ママ
行ってらっしゃい
いつもだったら
潤
あなた〜来たぞ〜行くよ
久野宮あなた
はーい行ってきまーす
ママ
ママ
行ってらっしゃーい
だった
学校に着いてからは
久野宮あなた
はぁ〜そっか……居ないだ
真っ先に潤の席を見てしてまう
いつもだったら
潤が通るだけで
女子
キャー
朝から黄色い歓声が聞こえて来る
私と潤は同じクラスだったから席に座る時必ずやること
潤
あなた、好きだよ(ボソッ)
久野宮あなた
私も、(ボソッ)
耳元で好きと言われるから私も言う
潤が居ないだけなのにこんなにも生活が変わるんだやっぱり好きだよ潤の事……