無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
あなたside
元恋人同士、って言ったけどやっぱり苦しい
潤
ねぇあなたちょっといい?
帰る頃になる時に呼ばれた
久野宮あなた
うん
自販機の前まで行った
久野宮あなた
どこ行くの?
潤
ここでいっか
久野宮あなた
潤
久しぶり、元気だった?
久野宮あなた
うん
潤
俺らさもう一度やり直さない?
久野宮あなた
え?
私も好きだったずっとでも、潤はもう、私が隣にいていいような人ではない
潤
お願い
久野宮あなた
ごめんなさい
潤
な、なんで?
久野宮あなた
潤はもう私が隣にいていいような人ではないの
潤
あなた……
久野宮あなた
じゃあね
もう、無理なんだ
潤
俺、待ってるから!
そう言ってくれた