無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

539
2020/05/15

第2話

るぅころ!!
すとぷり
せーのっ
すとぷり
おつぷり〜🥂(音割れ)







ころんside






今日の公式生放送が終了しました!



楽しかったなあ〜🌟






でもこれが終わると、るぅとくんに


1週間近く会えなくなる…泣






メンバーには秘密なんだけどね、


僕はるぅとくんの事が好きなんだ。



もちろん、恋愛の方ね??笑






同棲してた時に惚れちゃってさ🏠


その日からずーーっとるぅとくんが好き。




叶わないって思ってるんだけど、


諦めきれない…



ころん
生放送終わったし、みんな早く帰りなよ〜笑
さとみ
まだ良くない??ころんのけーちっ
ジェル
はい、けーち!!けーち!!👏🏻
ジェル
ころんは〜〜??けち臭い〜WHO!!✨
莉犬
じぇるうるさーい!!!
るぅと
ころちゃんが言ってるんだから、
僕達もう帰りましょ?笑
ななもり。
るぅとくんの言う通り。
ななもり。
さあ、早く帰るよ〜(お母様🤱)





そういう所だよ。勘違いしてもいいの??



僕の事気つかってくれてさ。


大好きだよ、、るぅとくん




ころん
みんなまた来いよー👋🏻
すとぷり
またね〜〜!!👋🏼





帰っちゃったなあ、、、






みんながいると賑やか…いやうるさいから



1人になるとすごい寂しく感じる。






昔はあんなに仲良しだったのに、、




ころん
楽しかったなあ…



余韻に浸りながらるぅとくんの顔を思い浮かべる







るぅとくん、、、🐹




るぅとくん、、




るぅとくん…





知らない内に僕の手は自分の下へと



下がっていって、
ころん
んっ…るぅとくんっ…
ころん
っん…ああ…っん、






そこら辺に落ちてたグレーのパーカー。





多分、るぅとくんのだろうと確信した僕は




それを手に取り匂いを嗅いだ。






るぅとくんのだ




石鹸のいい匂いがする。




そのパーカーに顔を埋めてもっと激しく手を動かした
ころん
んんっ、るぅと…くんの匂い、、///
ころん
はぁっ…ん、いきそ、…ぅ


ガラララ 🚪(ドアが開く音)




ころん
ふえっ、、?だれ、///
るぅと
こーろちゃん。何してるの?









るぅとくんsideも書きたいので




次でR18書きます( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )♡




「絶対」今日中に出します!!✨