無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
342
2020/08/13

第5話

さとりーぬ!!



りいぬです




翌朝になって

現在学校なうってるんですけど、




嫌なことが続いています…怒





さとみくんがおんなちゃんと話す時の顔が



俺には見せないような顔で話してて、



めっちゃ嬉しそうなの。気に食わない。






2人はカップルだし、自然に笑顔になるんだろう




でも…、





さとみくんを好きなのは俺だけが良かったな




おんな
あはっ…笑さとみくんそれは〜、、
さとみ
……よな〜笑


たのしそ。。




折角話してるんだから邪魔しちゃ悪いかな、、





んーーもう!!どうする莉犬、、!!!




ここは話しかけないでおこう。うん。


邪魔して嫌われたら嫌だし、、


莉犬
すたっ…(さとみくんの席に行かず、自分の席にいる感じ)




そこから昼休みも終わり、5限目も終わり、


ホームルームも終わりました、、、









今日一言もさとみくんと喋ってないし、



先生に頼まれてみんなの分の提出物を

職員室まで届けてるし、



今日は最悪な一日だなあ。。。
莉犬
ふああ〜、、職員室行ったし、
もう帰ろっと!!
莉犬
ガラガラ 🚪(教室のドアを開けた)
莉犬
え、さとみくん…。!?
さとみ
…、、😪Zzz
莉犬
うおぉ、、寝てる、、、
莉犬
おんなちゃんと先帰ったのかと思った。
俺の事待っててくれたのかな…、


さとみくんの隣の席に座る
莉犬
それにしてもいい顔立ちしてるなあ、、(照)
莉犬
ちゅっ
莉犬
!?!?!
莉犬
な、、何してるんだろう、
さとみくん起きてたら……危なかったあ。




扉の方から音が聞こえた。
おんな
莉犬くん、??
おんな
今、、何…しようと、、
莉犬
あっ…これは、、違くて…
勘違いさせた??あのごめんなさい…
おんな
…、、泣
莉犬
…なんで。
莉犬
なんでそっちが泣くの?
莉犬
俺の方が早くさとみくんの事知ったのに。
莉犬
俺の方が早くさとみくんを好きになったのに!!!!!!!
さとみ
んぅ…莉犬うるさ…
莉犬
横取りしたのはそっちなのに!!!!!!!
おんな
横取りなんかじゃない…。
おんな
私の事を少しでも好きになって欲しいから告白したんだもん!!!
さとみ
ちょ…2人とも落ち着いて。な?莉犬、、
何があったか状況説明してくれy





バーン 🚪💥




感情的になって沢山言っちゃったな。





さとみくんに泣いてる所見られたくないし、


カバンも持たないで出てきた俺は馬鹿だな〜。







そんな事だけ考えてた俺は、


無意識にさとみくんと思い出深い


公園に辿り着いていた。





莉犬
さとみくんのばかぁ。
莉犬
ばかだし、あほだし、脱糞だし(ゆゆうたですか?)、もうくそぉ!!!💢
さとみ
てめ…!!!
さとみ
誰が脱糞だよ!!!!WW
莉犬
ぇ…さとみ…くん
莉犬
なんで…、、ここに
さとみ
莉犬が無言で出て行くから心配で、
さとみ
泣いた時とか落ち込んだ時はいつもこの
公園にいるから来てみたら案の定いた。
莉犬
うぅ…泣泣
莉犬
俺、さとみくんのことが……
莉犬
ずっとずっと好きだった!!!
さとみ
ん〜、、
さとみ
莉犬は俺にとって最高の愛方で、、最高の親友
さとみ
だから……ごめんな。
莉犬
…わかってるつーの。




ねぇさとみくん。



俺の気持ちには応えてくれなかったけど、




最高の 「愛方」 として、これからもずっと。





前ほどは、気安く絡めないと思うけど、





これからも大好きなさとみくんを



ずっとずっとそばにいるよ。