無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

435
2020/05/22

第4話

さとりーぬ!!




学パロします🙇‍♂️🙇‍♂️❕
ジェル
わー!!?!当たったわあまじ最悪、、
さとみ
うえええい!!!!莉犬!!莉犬!!✨
さとみ
ジェル当てた!!!見てたか??
莉犬
見てたよ!!流石さとみくん〜ないす🌟











俺は莉犬。中学二年生!!!





今絶賛、体育の授業でドッチボールしてます!





それで今、さとみくんが自称天才のジェルくん()


をドッチボールで当てました🐶










ななもり。
やっぱり、さとみと莉犬がいると運動系は全部勝てちゃうよなあ〜。笑笑






そう。なーくんが言うように、





俺たちは幼なじみで最強コンビなんだ。




それで、俺の好きな人でもある。




さとみ
なあ莉犬!!次はころん狙おうぜ〜
ころん
は!?!?僕!?!ちょ無理無理…だって!!
莉犬
おっけー!!さとみくん任せて✨



さとみくんが言うなら、俺張りきっちゃうから!




ころちゃん……を狙って、、、



よし!!!ボール……飛べ!!!!(は)







バシンッッ 🏐‼️






???



おんな
痛っ、、、、
おんな
(この女さとりーぬの恋を邪魔するクソ女だけ
どストーリーが進まないから仕方なく入れる)🤦🏻
さとみ
おんなちゃん、、大丈夫だった?
さとみ
無理すんなよ。保健室行こうか。
おんな
えっ…う、うん…//
莉犬
さっ、さとみくん!!
さとみ
ころん当てろって命令したのは俺だから、莉犬はこの事気にすんなよ?




そう言ってさとみくんは女の子に肩を貸して


あげて、2人で保健室へと去っていった




🌟やすみじかん🌟






いつもより早着替えして、さとみくんがいる



保健室へと全速力で走っています。







おんなちゃんへ謝りにと、さとみくんがいないと


休み時間とかつまんないし。笑


莉犬
さとm…()
おんな
私、さとみくんの事が好きなの…!!!!
おんな
良かったら付き合ってくれませんか…、、??





WOW





こんな保健室で告る奴いるのか、、、()




まぁさとみくんは恋愛に興味無さそうだし、



付き合う訳ないと思うけどね😤(かわい)





さとみ
実は俺も…結構前から気になってて、笑
さとみ
俺で良かったら是非…




え、????





待って待って待って待って。




理解不能なんですけどぉ…!?!



俺の気持ちからさとみくんへの独占欲と



愛が強まった気がした。




俺の方がさとみくんの事よく分かってるのに、



おんなちゃんより先に出会ったのは俺なのに。






俺は足早にこの場を去った。









さとみ
りいぬ〜??
さとみ
おーい!!!!!莉犬!!!
莉犬
ん、……?うわぁ、さとみくん!?
さとみ
さっきから何ぼーっとしてんの?笑
莉犬
いや、、ちょっと。考え事!!
さとみ
ふーん怪しいんだけど
さとみ
まあ、下校時刻過ぎる前に帰ろうぜ〜ー
莉犬
うん!!帰ろう〜✨





それで今下校中なんですけど





あれえ、、おっかしいぞ〜、、、()




いつもなら会話続くのに、今日はお互い無口。





嘘でしょ。なにか喋らないと…、、
莉犬
あああ、さとみくん!!
さとみ
なに。どしたどした
莉犬
あの猫、、凄く可愛くない?!?!





俺、どちらかというと犬派なんですけどぉ、、


名前に 犬 入ってるんですけどぉ、、


さとみ
めちゃめちゃ可愛い。。。
さとみ
けど、莉犬って犬派じゃねえの?笑
莉犬
さとみくんが猫好きって言ってたから
言っただけです怒
さとみ
ねぇ莉犬〜、
さとみ
友達が相談してきたんだけどさあ、
女の子のデートってどんな感じにエスコートすればいいの?



友達って、自分で悩んでるんでしょうが。
莉犬
それっておんなちゃんの事?
さとみ
さとみ
…(照)!?な、なんで知ってんだよお?!う
莉犬
告白されてるの見たらさ笑
さとみ
まじ莉犬に見られてるとは、、
莉犬
おんなちゃんと付き合ってても、
俺と遊んでよね🐶!
さとみ
はいはい笑 
もしかして莉犬妬いてる??
莉犬
妬いてねえよ!!ばか!
莉犬
今日、俺こっちから帰る〜🙎🏻‍♂️
さとみ
ええ笑
わかった気をつけて帰るんだよ




本当は妬いてるに決まってるじゃん。



大好きなんだもん。




同性っていうのもダメだし、

さとみくんにとって俺は兄弟みたいなもの





辛いな、、、




変な所で区切ってごめんなさい🙏


続きあります( ; ; )