無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

633
2018/05/21

第2話

もしもうらさかが兄弟だったら ―さか弟編
⚠️若干のBとLさん入ります。


うらたさんがさかたさんを呼ぶときは『さーくん』に変えさせていただきました。

さかたさんがうらたさんを呼ぶときは『うらにぃ』に変えさせていただきました。

さかたさんはショタ設定です。

うらたさんはツンデレ設定です!!!!!


............................................................................................................


うらた side

こんにちは、うらたぬきです。

ただいまピンチです。

弟のさーくんが可愛すぎて死にそうです。



…おい。今きもいとか言ったろ。

いやほんとこれ見ればこの気持ちわかる。

俺にぎゅーってしながら寝てるんだよ?!

しかも、ほっぺたすりすりしてるし!?

殺す気だよねこれ。



さかた「うらにぃ…」



?!?!

寝言で俺のこと呼んだ??!

(心の叫び)うあああああああああああ!

可愛すぎだろぉぉぉぉ!

はぁぁ…。

すいません。可愛すぎて発狂しました。

まあ、さーくんには絶対可愛いとか言わないけど?

Mfmf「ツンデレだねっ!」

Srr「ツンデレだな。」

あ?

なんかざ・つ・お・んが聞こえたけど。

俺ツンデレじゃないし。



Mfmf「うらたんかわいい〜」

Srr「ほんとツンデレだな。」

は??

べっ、べつに嬉しくなんかないし?

俺可愛くないし??

だから俺ツンデレじゃないし???


さかた「んんん…、うりゃにぃ?どしたのぉ?」


うっわあああ!!

寝起きだし噛んでるしかわいいし!!!

ふにゃふにゃしてるし!!

なんなのこの可愛い生き物。(真顔)


うらた「ん、おはよ。なんにもないよ?」


さかた「そっかぁ!おはよお!!」


だめだわ。その笑顔は反則だわ。普通に。

さーくんのおかげでほんと幸せだわ。

うらた「ふふ…」


さかた「うらにぃ、どうしたの??」


うらた「んーん、なんでもないよ。」


あー、幸せありがとうさーくん。


────────────────────────

Mさん、Sさんのその後

Srr「あのさ…」

Mfmf「なんですか?」

Srr「さっきうらたに『かわいい』って言ってたけど…」

Mfmf「んんんん?なんですか?嫉妬ですか?(笑)」

Srr「違っっ//ただ…」

Mfmf「なんですか?はっきり言わないとわかりませんよ??」

Srr「俺も、言ってほしい、なって…///」

Mfmf「なんですかかわいすぎですよそらるさん。デレ期ですか。可愛すぎて死にますよ。」

Srr「…っ///あ、りがと。」

Mfmf「もっとですか??仕方ないですね、今晩、楽しみにしててください??」

Srr「えっちょっ/俺、もっとなんて一言も…」

ドサッッ

Srr「え。ちょっ!まふまふっ!!」

次の日の朝、Srrさんは腰が痛くて立てませんでしたとさ。

――――――――――――――――――――――――――――――

すいませんでしたぁぁぁっっっっ!!

うらたん、盛大にキャラ崩壊☆((おい

ほんとはすっごいデレなのに、無理してツンなうらたんが書きたかったんですよ!!

なのに、途中から…いや、もう最初からよくわかんなくなってほんとにすいません!!

MfmfさんとSrrさんは、一切アルファベットにした意味無くなりましたね( ˘ω˘ )

思いっきり呼んでますね

若干のベーコンレタス入ってしまい、苦手な人すいませんでした。