無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
パシッ
テオくん
テオくん
おい!女子に手出すのは違うだろ
ゆうま
ゆうま
なんだよお前には関係ないだろ
テオくん
テオくん
あるんだよ
だってあなたと付き合ってるから
テオくんがあなたと腕をくむ
あなた
あなた
(なんだろう別に怖くない)
テオくん
テオくん
ごめんな
ちょっとだけ我慢して(小声)
あなた
あなた
うん(小声)
ゆうま
ゆうま
(・д・)チッなんだよ
もういいよ
ガチャ
テオくん
テオくん
ごめんなあなた
男嫌いなのに
あなた
あなた
ううん大丈夫
てゆうかありがとう😊
なんかテオくんなら大丈夫かも
テオくん
テオくん
Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン
じんたん
じんたん
え、大丈夫ってどうゆうこと?
あなた
あなた
なんかテオくんと腕をくんでる時全然
怖くなかったの
じんたん
じんたん
そうなんだ
ゆーぽん
ゆーぽん
ねぇあなた
ちょっと私の部屋に来て
あなた
あなた
うん
ゆーぽんの部屋
あなた
あなた
なに?
ゆーぽん
ゆーぽん
さっきのテオくんなら大丈夫ってゆうの
恋なんじゃない?
あなた
あなた
え、ち、違うよ
ゆーぽん
ゆーぽん
本当に?ニヤッ
あなた
あなた
ほ、本当だよ
ゆーぽん
ゆーぽん
そっか