無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

性癖爆発
梓舞
梓舞
あのさ
みんな推しにされたいこととかある?

普通好きだよとか言って欲しいじゃん?

知らんけど‪w

僕ね性癖おかしいかもしれないと思って

推しとかメンバーに

耳元で結構な感じの下ネタ囁かれたい‪w(握手会等)

しかもねさとちゃん、るぅちゃんにやられたら

ほんと死ぬ

言われたい言葉とかもある。うん。

『この後空いてる?もしよかったらシない?

『あとで楽屋来て。襲うから

『噛んでいい?(さとちゃん限定)』

『(下ネタワード系)』

ワード系のやつはなーくんとかるぅちゃんでも萌える

さとちゃんの配信聴きながら書いてるけど

ヲレ氏も肩組んでお酒飲みたい

さとちゃんに噛まれたい

よし。

BLみたいになりますけど

付き合いませんか?‪w

だめだ。じうだい前半だった(´>∀<`)ゝ
梓舞
梓舞
嫉妬とか束縛的なの好きだからしてくれ

伝えて?好きなら好きって言って?(メンヘラ感)

ねぇ僕さとちゃんのこと好きなんだよ?

重いのをぶつけてくれていいから

好きだからねぇ

さとちゃんより僕の方が

愛の大きさは重いかもしれん()

ごめん前の文で勘違いしないで欲しいのが

リアコじゃないよ

同担同嫁拒否してるだけだから

プロフィール見ろって感じ。おん。



酔いが回ったさとちゃん

愛しい尊い死んだら僕も死ぬから

安心してくれ



あのねー人に聞いてばっかなやつ

ほんと嫌い

ggrks

プロフィール見ろ

調べてから人に聞け

クラスの人には普通に言えるのにね

『カースカースバーカ1回死んでから転生してきて?』

明日言おうかな

幼馴染に

クソジジイって呼んでるやつに言うわ

話しかけてきた瞬間



さとちゃん僕と一緒に生きてくれないかな?

無理だよね

僕めっちゃピアス好き

大人になったらあける

絶対

僕さとちゃんなら年の差あっても

付き合えるわ



好きなタイプの話聞くわ

じゃね