無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

56
2021/06/13

第4話

3
3人の男の子はよくモテるのだろうか、



とても女の子からの視線を集めている


そんなことを思いながら3人の男の子の後ろについて職員室に向かう、








すると突然、






有岡大貴
有岡大貴
ってかさ!俺らの名前知らないよね?俺有岡大貴ね!大好物はハンバーグ♡
山田涼介
山田涼介
俺は山田涼介!サッカー部に入ってるけどぶっちゃけ前から部活でてないんだよねぇー‪w
伊野尾慧
伊野尾慧
ただでさえサッカー上手いのに、なんで部活出ないかな…
あ、ごめんね!俺伊野尾慧ね!よろしくー!
私
あ、雨宮あなたです、よろしくお願いします((*_ _)
山田涼介
山田涼介
ってかさ、この学校初めてってことは校舎も初めてだろうし学校案内でもするか!
伊野尾慧
伊野尾慧
え、それいーね!
有岡大貴
有岡大貴
今日の放課後とかどう?
私
え、いやでもみなさんが迷惑なんじゃ、…
山田涼介
山田涼介
そんなことないよ!ね!
伊野尾慧
伊野尾慧
うん!
有岡大貴
有岡大貴
うん!
山田涼介
山田涼介
って言うことで、放課後は学校案内で決定!
有岡大貴
有岡大貴
あ、職員室着いたよ!
私
あ、ありがとうございます!
伊野尾慧
伊野尾慧
じゃ俺らここで待ってるね!
私
え、あ、ありがとうございます!行ってきます٩(*´︶`*)۶
3人
3人
ゔ、可愛い!











無事私は職員室で教科書やノートをもらい、職員室を後にした。



私
失礼しました*_ _)
山田涼介
山田涼介
あなたちゃん!持つよ!
私
あ、ありがとうございま…
有岡大貴
有岡大貴
あ-!!!!!あと2分で授業はじまる!
伊野尾慧
伊野尾慧
え、うそ!1時間目ってあの学校1こわい鬼塚先生の授業じゃなかった?
山田涼介
山田涼介
え、鬼塚先生だっけ!やっべ!おこられるー!!
有岡大貴
有岡大貴
やばいよ!
鬼塚先生という知らない先生の名前がでてきたが、3人の焦りっぷりがすごいことからとても怖いんだなとおもった
山田涼介
山田涼介
あなたちゃん!走るよ!
私
え、あ、ちょっと!







この跳び高校は第2校舎まであるらしく、職員室は第1校舎の1階にあり、2年3組は第2校舎の2階にある








校舎は隣合っているが少し遠い。






まだ私は迷いながらも3人の後をおっていく
有岡大貴
有岡大貴
ヤバいあと1分!
山田涼介
山田涼介
間に合わねー!(((グィ






そう山田さんが言うと、私の腕をとり走る




山田さんはサッカー部ということもあり、とてもはやい。







山田さんの助けもあり授業の始まるギリギリに教室に着いた。
伊野尾慧
伊野尾慧
ふー!セーフ!
鬼塚先生「ギリギリアウトだ!」
3人
3人
えー!
私
あの、今日転校してきました、雨宮あなたです、
みなさんは私が職員室がわからなくて案内してくれたんです、
なので怒るなら私に怒ってください、
3人
3人
(え、こころやさしいキュン!)







鬼塚先生「そ、そうなのか。今回は見逃してやるからな!次はないからな!覚悟しとけよ!」
3人
3人
ありがとうございます!‪( ;ᯅ; )‬
鬼塚先生「早く席に付け!」










私
すみません、こんなことになってしまって、
でも、ありがとうございました!
山田涼介
山田涼介
いえいえ!なんかあったらいつでも言ってね!
伊野尾慧
伊野尾慧
そそ!
有岡大貴
有岡大貴
そそ!
私
ありがとうございます!




キーンコーンカーンコーン(((チャイム






そして跳び高校で初めての授業が始まった