無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

48
2021/06/13

第5話

4
キーンコーンカーンコーン(((チャイム






伊野尾慧
伊野尾慧
あー!終わったー!1時間目が長かったー、
有岡大貴
有岡大貴
ギリギリアウトってこともあってめっちゃ答えさせられたし、
山田涼介
山田涼介
ってかさ、あなたちゃん頭いいー!
俺たち全然わかんなかったのに、
私
いえ、ぜんぜん、たいしたことありませんよ、
有岡大貴
有岡大貴
ってかさ、敬語やめよーよー!
同じクラスなんだし!ねぇ!
私
え、でも、…
山田涼介
山田涼介
なに、なんかやな事あるの?
私
いや、そういうことじゃないけど…
伊野尾慧
伊野尾慧
じゃ決まりー!敬語無しで!
有岡大貴
有岡大貴
なら敬語喋ったらハンバーグ奢って!
山田涼介
山田涼介
じゃ、俺いちごのスイーツ奢って
伊野尾慧
伊野尾慧
じゃー俺白米
私
あー、わかりました!
これから敬語辞めます、
伊野尾慧
伊野尾慧
あと呼び方ね!
俺の事いのちゃんって呼んで!
山田涼介
山田涼介
俺の事はりょうすけ!って呼んで
有岡大貴
有岡大貴
じゃー、俺大ちゃんって呼んで!
私
わかりまし、…わかった!(危なかった、奢らされるところだったー、)
山田涼介
山田涼介
今わかりました!って言わなかった?
私
言ってない言ってない!
ってか次移動じゃない?
伊野尾慧
伊野尾慧
(話しそらしたな?‪w)
そーだね、理科室だ
有岡大貴
有岡大貴
さっきみたいにギリギリにならないように、早めに行こ!
山田涼介
山田涼介
そうだね!レッツー
4人
4人
GO-!!!!!











理科室は第1校舎の一番端と結構遠くて、第1校舎と第2校舎には渡り廊下がひとつしかなくてそれも2階、










でも今回はちょっと早すぎたみたい?








山田涼介
山田涼介
ちょっと来るの早かったかな?
有岡大貴
有岡大貴
あと5分はある
私
そんなにみんな移動するのは遅いの?
伊野尾慧
伊野尾慧
ま、間に合えば大丈夫って人が多いから
私
そーなんだ、私前の学校は授業の5分前には席に座ってなさいっていうのがあってさ!
有岡大貴
有岡大貴
そんなんあるんだ!
トコトコ(((廊下から






山田涼介
山田涼介
あ、みんな来たみたいだね
有岡大貴
有岡大貴
ってかさあなたってさ一人暮らし?
私
え、あー、まーね
山田涼介
山田涼介
え、一人暮らしなの?!俺ら一緒に住んでるんだよ!
私
え、そうなの!?
伊野尾慧
伊野尾慧
うん!家賃バカにならないし、
有岡大貴
有岡大貴
ね、あなたも一緒に住まない?
私
え、?!私も!?
山田涼介
山田涼介
良いね大ちゃん!だいちゃんでもそんな名案考えられるんだね!
伊野尾慧
伊野尾慧
ほんと!
有岡大貴
有岡大貴
うるさいな!!!
伊野尾慧
伊野尾慧
で、あなたはどーする?
私
迷惑じゃな…
3人
3人
迷惑じゃない!
私
え、そう?なら…
3人
3人
やったー!!!
よろしくねー!!!!!
私
う、うん!































という、ちょっと強引なところもあったけど一緒に住むことになりました!











ですが、あなたはまだ考えてはいなかった、


















































父親「あいつはどこに行ってんだ、父親に何も言わずに出ていきやがって、‪💢」




お父さんが現れるということを、