無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

346
2019/01/03

第4話

c


翌日…



早速、ユンギ先輩に言われたことをやってみよ!






ピンポーンピンポーン
You
You
はーい。
テグ
テグ
おはよ~!
You
You
おはよぉ❤️
テグ
テグ
え、、、?
You
You
今日もいい天気だねぇ❤️
テグ
テグ
うん!
テヒョン
テヒョン
じゃあ、行こっか!
グク
グク
そうしよ~!
You
You
うん❤️



ていうか、全くうざがってなくない?
まぁこれからだ!























と思ったのもつかの間…
グク
グク
なんかあなた、今日すごい違うね!
テヒョン
テヒョン
うん!なんか可愛い❤️
You
You
はい?
グク
グク
なんか、こっちの方が好き!
テヒョン
テヒョン
うん!改めて好きになった!
You
You
え、、、


なんか、めっちゃ気に入られてるんですけど!



ちょ、こんなの聞いてなーーーい!







とりま、逃げよか。


あ、ちょうどいいところにユンギ先輩ーー!
テグ
テグ
あ!あなた!
You
You
ユンギ先輩!助けて!
ユンギ
ユンギ
え、なに?
テグ
テグ
あなたーー!
ユンギ
ユンギ
あ、そういうことね。
You
You
なんか、ぶりっ子してみたら、気に入られちゃいました!
ユンギ
ユンギ
え、マジ?
あいつら、頭おかしいわ。
グク
グク
おかしくないです!
テヒョン
テヒョン
あなたは、なにしても可愛いです!
ユンギ
ユンギ
あぁー、あなた。諦めろ。
You
You
え?
ユンギ
ユンギ
こいつら、真面目に気持ち悪いくらいお前のこと大好きだわ。
テグ
テグ
当たり前じゃないですか!
You
You
な、なるほど。あはは



え、どうしよ。



人生の終わりじゃん。