無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

喧嘩
伊知地「着きました、帳を下ろします」






虎杖「とばり?」







伏黒「帳だ、今回は住宅が近くにあるから見えなくする、、、、みたいな役割だ」








野薔薇「まーざっと言うと、私らが中でドンパチやっても、外からはこのままの状態っつー事だ」







虎杖「成る程!ポンッ」






伊知地「闇より出でて闇より黒くその汚れを禊ぎ祓え」
ブワアアアア
虎杖「夜になってく!」






伊知地「でも、今回は特級の可能性があるので、会ったら交戦は避け、逃げて下さい」






伊知地「今回の任務は、この中に居る人達を確認、又は保護が目的です、まぁ特級と会って原型がとどめていればまだいい物ですよ」







伏黒「了解しました」







野薔薇「そんじゃパパッと終わらせますかぁ」







あなた「頑張ろー♪」
誰かの母親「正は!正は大丈夫何ですか?!」





伊知地「お引き取り下さい」






虎杖「野薔薇、伏黒、あなた、助けるぞ」






野薔薇「当然」







伏黒/あなた「、、、、、、、、」
私達はまだ知らなかった、この先に待ち受ける絶望と後悔を
ガチャッ






あなた「は?どこ?ここ」







伏黒「出口はッッ!」
バッ
野薔薇と悠仁が振り返り、
野薔薇/悠仁「ない!」







あなた「、、、、、、やっぱりか」







伏黒「気づいてたのか?」






あなた「なんとなく、嫌な予感がしただけ」





あなた「出口、どうする?」






野薔薇/悠仁「ドーウシヨウ♪アッソレ♪ドーウシヨウ」






伏黒「大丈夫だ、玉犬が出口の匂いを覚えてる」






悠仁「アーイイコイイコ」






野薔薇「ジャーキーよ!ありったけのジャーキーを持って来なさい!」







あなた「あはははwwwww」








虎杖「あっ!あれ、、は、、、」
伏黒「3人、、だよな」





あなた「、、、、、、、、」






虎杖「連れて行く、顔の損傷も激しくないし、証拠もなしに死んでましたじゃ、母親も納得しねぇだろ」
グイッ
伏黒「行くぞ」







虎杖「はあ?また此処に来るかわかんねぇだろ」








あなた「悠仁、恵が言いたいのは後にしろじゃなくて、、、、、」







伏黒「置いてけってことだ!死体になってまで助けるなんて俺はしねぇ」







悠仁「は?じゃあ見捨てるって事かよ!」







あなた「悠仁あのね、こうゆう場では被害者であると予想される人物の詳細が公開されるの」






あなた「その人は2回、下校時の女児を無免許運転で轢いてる」






あなた「悠仁は、大勢の人を救い、正しい死に導くことにこだわってる」





あなた「けど、、、、、」






伏黒「お前が助けた人間が!将来人を殺したらどうする!」







悠仁「じゃあ、、、、何で俺を助けたんだよ!!」






野薔薇「ちょっと悠仁!伏黒!ちょっとは緊張感を、、、、、」
シュンッ







あなた「野薔薇!!」
シュンッ